野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CSファイナル第3戦は序盤から点の取り合い 2連勝の楽天が再逆転に成功

クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦は、序盤から両チームによる激しい点の取り合いとなった。リーグ王者のソフトバンクと、ファーストステージで西武を破った3位・楽天との対戦。楽天2連勝で迎えた3戦目も、楽天が先制した。

楽天・茂木【写真:(C)PLM】
楽天・茂木【写真:(C)PLM】

2回に茂木と藤田が適時打

 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦は、序盤から両チームによる激しい点の取り合いとなった。リーグ王者のソフトバンクと、ファーストステージで西武を破った3位・楽天との対戦。楽天2連勝で迎えた3戦目も、楽天が先制した。

 初回2死となってから、ソフトバンク先発の和田に襲い掛かった。銀次が中前安打を放つと、ウィーラーも左前へとはじき返して2死一、二塁。このチャンスで5番の島内が3ボール2ストライクから、外角へのカットボールに食らいついた。ボールにちょこんと合わせた打球はフラフラと舞い上がり、背走した遊撃・今宮の先にポトリ。フルカウントだったため、スタートを切っていた二塁走者の銀次が本塁へと生還。3試合連続で、初回に1点を先制した。

 だが ソフトバンクも、思い切って組み替えた打線が初回に的中した。先頭の今宮が中前安打で出塁すると、スタメンに抜擢された城所が送りバントを決めて1死二塁。このチャンスで5番から3番へと回ったデスパイネが右前へとはじき返し、すぐさま同点。5番に入った長谷川がボテボテのゴロが投手への内野安打でつなぐと、ここまでクライマックスシリーズ無安打だった松田に左翼線への適時二塁打が飛び出して、一気に逆転に成功した。

 ただ、ソフトバンク先発の和田がピリッとしない。2回先頭の聖沢が中前安打で出塁し、岡島が犠打を成功。足立が倒れ、2死二塁となったが、茂木が一、二塁間を破る同点の適時打。さらに、藤田が右翼線への二塁打を放つと、一塁走者の茂木が本塁まで激走。一気に逆転のホームを陥れ、再びリードを奪った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング