野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

これぞCS男! ホークス内川が3試合連続弾「一番打たなきゃいけない打席」

20日に行われたクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦で、ソフトバンクの内川聖一が3試合連続となる3ランを放った。一時逆転となる価値ある一発に、ヤフオクドームのスタンドは熱狂の渦に包まれた。

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】

1つ勝つことの難しさを実感「その中で勝てたのはよかった」

 20日に行われたクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦で、ソフトバンクの内川聖一が3試合連続となる3ランを放った。一時逆転となる価値ある一発に、ヤフオクドームのスタンドは熱狂の渦に包まれた。

 CS男がまた打った。1点を追う3回裏、無死一、二塁の場面で迎えた内川の第2打席。則本昂大が投じた初球のカーブを、すくい上げるようなスイングでレフトスタンドへと運んだ。再逆転の3ランは、初戦からの3試合連続弾だ。その後、同点に追いつかれて決勝弾とはならなかったものの、この一発がなければ3連敗となっていた可能性は高い。

「監督と(達川光男)ヘッドが『バカになってやってこい』と言ってくれましたので、自分たちで自分たちの勢いをつけられるようにやっていました。それが結果となって表れてよかったです」

 初戦、第2戦と2試合連続で本塁打を放ちながらも、チームは連敗。「1つ勝つことの難しさを感じさせてもらった2試合でした」という内川だが「そういうのが分かった上で今日勝てたのは、チームにとってよかったと思います」と、実質のCS初勝利を素直に喜んだ。

 この試合では、打順を大きく入れ替え、2番には城所龍磨が入り、デスパイネが内川の前の3番に座った。1点ビハインドの中、前の2人が出塁した後の一発に「デスパが必死に四球を選んでくれたことを結果につなげたかった。今日のゲームの中で言えば、一番打たなきゃいけない打席だったので、そこで一番いい結果が出てよかったです」と、4番としての仕事に満足気な表情を見せた。

人気記事ランキング