野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天ウィーラー、ソフトB松田がカギに!? 数字で占うパCSファイナル第4戦

予告先発の成績などをもとに、福岡ソフトバンクと楽天が激突するファイナルステージ4戦目の試合展開を占う。

楽天のウィーラー【写真:荒川祐史】
楽天のウィーラー【写真:荒川祐史】

2勝2敗のタイで迎える一戦、先発投手の対戦成績は…

 10月18日から幕を開けた「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ(以下クライマックスシリーズファイナルステージ)。第3戦では、楽天の先発マウンドにエース則本が上がり、福岡ソフトバンクは和田を立てて迎え撃った。しかし大方の予想を覆し、試合は打撃戦に。中村晃の決勝弾で福岡ソフトバンクが勝利し、これでファイナルステージの勝敗は両チーム2勝2敗の五分となった。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ここでは21日の予告先発の成績などをもとに、福岡ソフトバンクと楽天が激突するファイナルステージ4戦目の試合展開を占う。

【21日の予告先発 今季のレギュラーシーズンの対戦成績】
○福岡ソフトバンク:バンデンハーク
対楽天 3試合0勝2敗 17回2/3、7失点、防御率3.57
○楽天:岸
対福岡ソフトバンク 7試合2勝4敗 43回、15失点、防御率3.14

 両投手とも相手チームとの相性は悪くない。バンデンハークは今季白星を挙げられていないが、第3戦の勝利で火が着いただろう打線の援護には大きな期待が持てる。一方の岸は負け越しているが、ヤフオクドームにおける成績は3試合2勝1敗、21回を投げて防御率1.29と好相性。ファーストステージと同じように、前日に乱調だったエースの悔しさを晴らしたい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」