野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 短期決戦で重要な「今の戦力」、数字で見る苦戦ソフトバンクと広島の共通点

短期決戦で重要な「今の戦力」、数字で見る苦戦ソフトバンクと広島の共通点

CSファイナルステージは、両リーグともに2勝2敗のタイになった。シーズン中、他のチームを圧倒して勝率1位となったソフトバンクと広島がともに苦戦している。それは両チームともにベストメンバーで戦うことができていないからだ。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

「今の戦力」と「ベストメンバー」に見る差とは…

 CSファイナルステージは、両リーグともに2勝2敗のタイになった。シーズン中、他のチームを圧倒して勝率1位となったソフトバンクと広島がともに苦戦している。それは両チームともにベストメンバーで戦うことができていないからだ。

 その状況を端的に表す数字がある。10月20日の両軍スタメンが今季打った安打数と、今年のベストメンバーが打った安打数を比較すれば、今の戦力がベストの戦力の何%に当たるのかが分かる。

パ・リーグ 
○楽天
1茂木 118安打
2藤田 68安打
3銀次 155安打
4ウィーラー 147安打
5島内 131安打
6アマダー 99安打
7聖澤 58安打
8岡島 89安打
9足立 16安打
合計 881安打
ベスト 993安打(88.7%)

 外国人枠と負傷の影響で、今季130安打したペゲーロを外し、投手の宋家蒙を入れたことと、捕手の嶋に休養を与え足立を先発させたために、ベストメンバーと比べると88.7%の安打数にとどまっているが、想定内のメンバー変更であり、それほど大きなマイナスはない。

○ソフトバンク
1今宮 139安打
2城所 0安打
3デスパイネ 125安打
4内川 79安打
5長谷川勇 8安打
6松田 140安打
7中村晃 138安打
8高谷 36安打
9本多 26安打
合計 691安打
ベスト 997安打(69.3%)

 大黒柱の139安打した柳田悠岐が欠場し、108安打の上林誠知、81安打の明石健志もスタメンから外れ、今季0安打の城所、8安打の長谷川勇也、26安打の本田を先発で起用。城所は二塁打を2本打ち、その起用は成功したが、ベストメンバーの安打数と比較すると69.3%。レギュラーシーズンの圧倒的な戦力差はなくなっている。

人気記事ランキング