野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB、CSファイナル4戦目で初めて先制 2戦連続先発の長谷川が適時打

ソフトバンクが4試合目にして、初めて先制に成功した。

好調の内川がチャンスメーク

 ソフトバンクが4試合目にして、初めて先制に成功した。21日に行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。2勝2敗で迎えたこの試合。両チーム無得点だった2回に、欲しかった先取点が入った。
 
 この回先頭の内川が外角のボール球を軽打で右前に運ぶ安打。CS絶好調の4番が塁に出ると、中村晃が犠打で送って二塁へ。松田は右飛に倒れ2死となったが、2試合連続でスタメンとなった長谷川勇が左翼線への二塁打を放ち、内川が生還した。

 連敗を喫した初戦、2戦目、そして逆転で初勝利を掴んだ3戦目と、3試合連続で初回に先制点を奪われていたソフトバンクだったが、4試合目で初めて先手を奪った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング