野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天が同点に追いつく 銀次ソロ弾&ソフトB捕手・高谷の捕逸で2点を奪取

楽天が、試合を振り出しに戻した。21日、ヤフオクドームで行われたソフトバンクとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。2点ビハインドの4回に、下克上を狙う楽天が同点に追いついた。

デスパイネのソロ弾で一時は2点差とされるも…

 楽天が、試合を振り出しに戻した。21日、ヤフオクドームで行われたソフトバンクとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。2点ビハインドの4回に、下克上を狙う楽天が同点に追いついた。

 0-1で迎えた3回に、先発の岸がデスパイネにソロ本塁打を浴びて、リードを2点に広げられた直後、4回の攻撃だった。先頭の銀次がソフトバンク先発のバンデンハークから右翼ポール際のホームランテラス席へと飛び込む追撃のソロ本塁打。「打ったのはストレートです。しっかりと仕留めることができました。自分のスイングができましたね」と振り返った一発で1点差に迫ると、続くウィーラーが四球を選んで出塁した。

 そして、島内の犠打などで2死一、三塁とすると、岡島の打席で、思わぬ形で同点となった。1ボール1ストライクからの3球目。右腕が投じた真っ直ぐが引っかかり気味になり、捕手・高谷のミットをかすめるパスボールに。楽天に同点となる得点が転がり込んだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング