野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB、2者連続弾で逆転 内川は衝撃の4戦連発&中村晃も2戦連続アーチ

ソフトバンクの内川聖一外野手が、衝撃のアーチをかけた。21日、楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。1点ビハインドで迎えた6回に、クライマックスシリーズ4試合連続本塁打となる同点弾を放った。

楽天の宋家豪を沈める連続ソロ

 ソフトバンクの内川聖一外野手が、衝撃のアーチをかけた。21日、楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。1点ビハインドで迎えた6回に、クライマックスシリーズ4試合連続本塁打となる同点弾を放った。

 1点ビハインドの6回。先頭で打席に入った内川が、この回からマウンドに上がった楽天2番手・宋家豪を沈めた。1ボール1ストライクからの3球目、真ん中高めへの真っ直ぐを捉えた打球は、左翼スタンドへ一直線。打った瞬間に、本塁打を確信した4番は、ゆっくりと歩きながら打球の行方を見守った。

 初戦、2戦目にソロを放ち、3戦目には一時試合をひっくり返す3ラン。絶好調の主砲にとって、衝撃のクライマックスシリーズ4戦連続弾。試合を再び振り出しに戻した。

 さらに、続く中村晃も、宋の真っ直ぐを右翼スタンドへ。前日決勝の2ランを放っていた中村晃の2戦連発、2者連続のソロでソフトバンクが勝ち越した。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング