野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB連勝で日本S進出へ王手 内川CS史上初の4戦連発&中村晃2戦連発

ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけた。

CS史上初の4戦連続本塁打を放った内川聖一【画像:(C)PLM】
CS史上初の4戦連続本塁打を放った内川聖一【画像:(C)PLM】

連敗スタートの窮地から一転、守護神サファテは回跨ぎで1点リード死守

 ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけた。21日、本拠地ヤフオクドームで行われたクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第4戦。1点ビハインドの6回に、内川のCS史上初となる4戦連発の同点ソロ、中村晃の2戦連発と2者連続のソロで一気に逆転。抜きつ抜かれつの白熱の大接戦を4-3で制し、アドバンテージの1勝を含めてCS成績を3勝2敗に。連敗からスタートしたが、連勝で突破に王手をかけた。

 どちらに転ぶか分からない、息詰まる激戦だった。この日先手を奪ったのはソフトバンク。2回2死二塁で、長谷川勇が左翼線への適時二塁打を放ち、4試合目にして初めて先制点をあげた。

 2回にデスパイネがソロを放って加点したが、先発のバンデンハークが4回に銀次にソロを浴び、2死一、三塁で高谷がパスボールとバッテリーミスも出て同点に。5回には連続四球からウィーラーに勝ち越しの適時二塁打を浴び、一転、追う展開となった。

 その中で、勝利を運んできたのは、神がかり的な活躍を見せている主砲だった。6回、先頭で打席に入った内川が、宋家豪の真っ直ぐを完璧に捉えて左翼スタンドへと運んだ。試合を再び振り出しに戻す同点ソロ。クライマックス史上初となる4試合連続本塁打で勢いづかせると、続く中村晃が2者連続本塁打となるソロを右翼スタンドへ。前日の第3戦、同点の8回に決勝2ランを放っていた中村晃の2戦連続のアーチが試合を決めた。

 モイネロに続き、守護神サファテが8回2死から登板し、回跨ぎでリードを死守。初戦、2戦目に連敗していたソフトバンクだが、3戦目に続く勝利で連勝し、これでアドバンテージの1勝を含めて3勝2敗となった。2日前までの窮地から一転、日本シリーズ進出決定まであと1勝とした。

人気記事ランキング