野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • なんで休みたがるのか― 地元紙が特集、イチローがオフも練習を続ける理由

なんで休みたがるのか― 地元紙が特集、イチローがオフも練習を続ける理由

去就が不透明な状況となっている中、22日に44歳となる大ベテランは黙々とトレーニングを続けている。

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】
マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

マイアミ地元紙が特集記事「イチローはチームが去ってからも球場にやってくる」

 マーリンズのイチロー外野手がメジャー17年目のシーズンを戦い終えてから、約3週間が過ぎた。元ヤンキースのスーパースター、デレク・ジーター氏らのオーナーグループが球団を買収したことで、去就が不透明な状況となっている中、22日に44歳となる大ベテランは黙々とトレーニングを続けている。地元紙「マイアミ・ヘラルド」が、特集している。

 イチローと言えば、オフでも休むことなくトレーニングを続けることで知られる。その圧倒的な練習量が偉大なキャリアを支え、メジャー歴代22位の通算3080安打、日米通算では“世界一”の4358安打をマーク。その他にも、イチローの記録を列挙していけばキリがないほどだ。43歳にして去就が不透明でも、その“流儀”は変わらない。

 同紙は「まもなく44歳のイチローはチームが去ってからも球場にやってくる」とのタイトルで特集記事を組み、本拠地マーリンズ・パークでトレーニングを続けるイチローの様子について伝えている。シーズン後、すべての選手が故郷に帰る中、イチローだけが球場にやってきて、体を動かし続けているというのだ。

「殿堂入りを確実視されているイチローは、今もマーリンズ・パークで日々のワークアウトを行っている。彼は唯一無二の存在だ。彼は毎オフシーズン、これを続けている」

 このように言及した記事の中では、通訳を介して取材に応じた本人のコメントも紹介。「一度休みをとってみようとしました。それが助けになるか確かめようと、1か月ワークアウトを行いませんでした。すると、自分の体のように感じなくなってしまいました。体があたかも病気のように」。同紙によると、「これは2005年の話」だという。

人気記事ランキング