野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「1ミリ違えば結果は全く違う」―4戦連発のソフトB内川が明かす好調の理由

21日、ソフトバンクの内川聖一がクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第4戦で、4試合連続となる同点弾を放った。CSファイナルステージでの4試合連続弾は史上初の快挙だ。

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】

CSファイナル史上初の4試合連続弾「打った瞬間、完璧だと思いました」

 21日、ソフトバンクの内川聖一がクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第4戦で、4試合連続となる同点弾を放った。CSファイナルステージでの4試合連続弾は史上初の快挙だ。

 1点を追う6回裏、楽天の2番手・宋家豪の3球目のストレートをとらえ、レフトスタンド中段へと運んだ。第2戦では宋の前に空振り三振に倒れたが「前回は初対戦だったのでやってみて感じたこともいっぱいあったし、それをこの打席に活かさないといけないという思いがありました。うまく反応して打てたかなと思います」と、見事にリベンジを果たした。お立ち台で「打った瞬間、完璧だと思いました」と語ったように、打球の行方を見守りながら一塁に向かって何歩か歩いて、ようやく駆け出した。

 CSファイナルステージの初戦から4試合連続の本塁打。2014年には日本ハムの中田翔がCSで4試合連続本塁打を放っているが、その記録はファーストステージ第3戦からの“ステージまたぎ”で、ファイナルステージでの4試合連続は史上初となる。ただ、内川自身は「終わった時に『そんなこともあったんだな』と思えばいい」と記録には無頓着だ。

 ベースを一周し、チームメートの祝福を受けてようやくベンチに戻った瞬間、今度は中村晃の決勝弾が飛び出した。内川はライナー性の打球の行方を確認すると、ベンチで大きくガッツポースを見せた。「それはもう勝ち越しのホームランですから。ホームランを打つことが大切なことではなくて、最後は勝たないといくらホームランを打っても何のプラスにもならない」。初戦と第2戦の自らの2本を引き合いに出すように語った。

人気記事ランキング