野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 価値“再上昇”の田中将大、ヤンキース退団の可能性は? NY紙名物記者が分析

価値“再上昇”の田中将大、ヤンキース退団の可能性は? NY紙名物記者が分析

ポストシーズン(PS)で圧倒的なパフォーマンスを見せる田中将大投手の去就に注目が集まっている。

ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】
ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】

PSでの快投で評価は一変「タナカは自分自身をヤンキースの外へと投じるかも」

 ポストシーズン(PS)で圧倒的なパフォーマンスを見せる田中将大投手の去就に注目が集まっている。シーズン終了後、契約を破棄してフリーエージェント(FA)となれる「オプトアウト」の権利を持つ右腕は、今季のレギュラーシーズンでは安定感を欠き、厳しい批判を浴びることもあった。オプトアウトも行使しないとの見方が強かったが、ここに来て自らの力で評価を一変させている。

 2014年に楽天からポスティングシステム(入札制度)で移籍した際、ヤンキースと7年総額1億5500万ドル(約174億3000万円)の大型契約を結んだ田中。今季終了後には3年総額6700万ドル(約75億3500万円)を残すことになり、FAとなってこれを上回る契約を手にできるかが大きなポイントとなる。米メディアの中では、オプトアウトすれば年俸2000~2200万ドル(約22億5000万円~23億6000万円)の4?5年契約、つまり最大5年1億1000万ドル(約123億7000万円)と現在の契約を2年上乗せするような条件も引き出せるとの声が出ているが、果たしてどのような決断をするのだろうか。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「マサヒロ・タナカは自分自身をヤンキースの外へと投じるかもしれない」とのタイトルで、名物コラムニスト、ジョエル・シャーマン記者が執筆した特集記事を掲載。田中が好投すればするほど、FAを選択してヤンキース残留の可能性が低くなるとの見方が強い中で、去就を占う5つのポイントを挙げている。

人気記事ランキング