野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・柳田「1番・中堅」で電撃復帰 日本S進出かかる大一番で先発起用の狙いは?

右脇腹の肉離れなどで戦線を離脱していたソフトバンクの柳田悠岐外野手が電撃復帰し、いきなり「1番・中堅」で先発する。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

柳田のスタメン起用決断、工藤監督「100ではないが、90くらいは振れている」

 右脇腹の肉離れなどで戦線を離脱していたソフトバンクの柳田悠岐外野手が電撃復帰し、いきなり「1番・中堅」で先発する。22日の楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦。3勝2敗とし、日本シリーズ進出に王手をかけているソフトバンクが、ぶっつけ本番で主砲・柳田を復帰させ、一気に突破を決めにかかる。

 クライマックスシリーズ中の復帰は不可能と見られていた背番号9の姿が、試合前練習の行われる本拠地のグラウンドにあった。フリー打撃では本来の豪快のフルスイングには及ばず、打ち損じも多かった。万全とはいえないのは明らかだったが、それでも、右翼スタンド上段に届く柵越えを放つなど、そのパワーは健在。練習終了後、工藤公康監督は「100ではないが、90くらいは振れている。(登録するかは)これから決めます」と話し、その後に登録即スタメンを決断した。

 9月20日の日本ハム戦(札幌D)でスイングした際に負傷し「右腹斜筋と肋間筋損傷」「右第10肋軟骨損傷」と診断され、全治3週間の診断が下っていた。このクライマックスシリーズにギリギリ間に合うかどうかのところだったが、回復が思わしくなく、初戦での復帰を断念。20日にようやくフリー打撃を再開したばかり。たった2日間フリー打撃を行なっただけでの電撃復帰となった。

 打撃練習を見守った藤本博史打撃コーチは「柳田が帰ってきたら、大きいと思いますよ」と話した上で「まだ用心しながらフリーバッティングもしていたけど、良い感じで、8割くらいでいったほうが逆にいいんじゃないかと思う。僕はいけると思います」と状態を分析した。

人気記事ランキング