野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

電撃先発の鷹・柳田、第1打席で復帰即安打&好走塁! 3点先制の口火

ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、いきなり復帰即安打を放った。

試合前の練習に臨むソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
試合前の練習に臨むソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

復帰の柳田、初回に内野安打&先制ホーム

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が、いきなり復帰即安打を放った。22日に行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦。3勝2敗と日本シリーズ進出に王手をかけた試合で、右脇腹の肉離れから電撃復帰を果たし、「1番・中堅」で先発した柳田が、初回の第1打席でいきなりヒットを放った。 

 先発の武田がピンチを招きながらも無失点に封じて迎えた初回の攻撃。スタンドをびっしりと埋めたソフトバンクファンの大歓声を背に、復帰して最初の打席に向かった柳田。ボール、ファールとしての3球目。楽天・美馬のインコースのスライダーに詰まった打球は、二遊間に。茂木が回り込み捕球したものの、俊足の柳田の足が勝った。悠々の内野安打となり、スタンドも大盛り上がりとなった。 

 この勢いで、一気に先制点を掴み取った。2番今宮が犠打で送ると、デスパイネへの初球のカーブがショートバウンドとなって捕手・嶋のミットからこぼれると、柳田が三塁を陥れた。デスパイネが四球を選ぶと、4戦連発中と絶好調の内川が中犠飛を放って、柳田が生還。さらに中村晃が右翼フェンス直撃の安打で続くと、不振が続いていた松田も右翼フェンス直撃の2点適時二塁打。日本シリーズ進出決定に向け、いきなり初回から3点を奪い取って、ヤフオクドームの空気は最高潮となった。

人気記事ランキング