野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス2年ぶり日本S進出! 柳田電撃スタメンも奏功、怒濤3連勝で楽天撃破

ソフトバンクが2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:(C)PLM】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:(C)PLM】

2連敗から3連勝で逆転突破、松田CS初本塁打4打点&武田7回零封

 ソフトバンクが2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。22日、本拠地ヤフオクドームで戦った楽天とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦。3勝2敗で突破に王手をかけていたリーグ王者は4回までに大量6点のリードを奪うと、先発の武田が7回5安打無失点と好投。8回からは鉄壁のリリーフ陣が楽天打線に反撃を許さず、7-0と完封勝利で楽天を退けた。

 やっぱり強かった。最後はソフトバンクが力の差をまざまざと見せつけた。初回、この日右脇腹肉離れなどから電撃復帰し、いきなり「1番・中堅」で先発した柳田が遊撃内野安打で出塁すると、一気に猛攻を仕掛けた。内川の中犠飛で1点を先制すると、ここまで第4戦まで不振だった松田にも右翼フェンス直撃の2点適時二塁打が出て3点を先制した。

 さらに、3点リードの4回に大きな追加点。先頭の中村晃が二遊間へとはじき返し、二塁・藤田のグラブを弾いて中前へと抜ける安打を放つと、松田がこのCS初本塁打となる2ランを左中間のホームランテラス席へ。ここで楽天先発の美馬をノックアウトした。さらに2死二塁のチャンスで、柳田が楽天2番手の藤平から右前への適時打を放って1点を追加。8回にも1点を加点し、大量7点リードを奪った。

 先発の武田も、安定感あふれる投球を披露。安打と四球で2死一、二塁とされた初回を無失点で切り抜けると、その後はコントロール良く投げ、楽天に得点を許さなかった。8回は岩嵜翔にバトンをつなぎ、9回は森がマウンドへ。1死一塁からは点差が開いていたにも関わらず、守護神サファテを投入して締めくくった。

 初戦、2戦目と連敗し、苦しいスタートとなったソフトバンクだったが、スタメン、打順を大きく入れ替えて臨んだ第3戦で勝利すると、一気に風向きは追い風に。大接戦となった第4戦も勝利してアドバンテージを含めて3勝2敗と王手をかけると、「柳田電撃復帰」という奥の手を繰り出し、3連勝でファイナルステージ突破を決めた。

 パ・リーグのCSファイナルステージで、初戦に敗れたチームがステージを突破したのは、これが初めて。今季驚異の94勝をマークした絶対王者が、悲願の日本一奪還への挑戦権を掴み取った。

人気記事ランキング