野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・柳田、日本S進出導く2安打1打点 電撃先発も「本塁打競争の方が緊張した」

電撃復帰を果たした背番号9が、勝利を導く男になった。22日、ヤフオクドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦。右脇腹肉離れで戦線を離脱していたソフトバンクの柳田悠岐外野手が電撃復帰を果たして「1番・中堅」でいきなりのスタメン出場。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

日本S進出王手の大一番が復帰戦、2安打1打点の柳田「面白かったですね」

 電撃復帰を果たした背番号9が、勝利を導く男になった。22日、ヤフオクドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦。右脇腹肉離れで戦線を離脱していたソフトバンクの柳田悠岐外野手が電撃復帰を果たして「1番・中堅」でいきなりのスタメン出場。これが日本シリーズ進出を決める勝利への流れを生み出した。

 先発の武田がピンチを招きながらも無失点に封じて迎えた初回の攻撃。スタンドをびっしりと埋めたソフトバンクファンの大歓声を背に、柳田が最初の打席に向かった。ボール、ファールとしての3球目。楽天・美馬のインコースのスライダーに詰まった打球は、二遊間に飛んだ。遊撃・茂木が回り込んで捕球したものの、柳田の足が勝った。悠々の内野安打となって出塁した。

 2番今宮の犠打で二塁へ進むと、デスパイネへの初球のカーブがショートバウンドとなって捕手・嶋のミットからこぼれた瞬間にスタート。三塁を陥れた。デスパイネが四球を選ぶと、4戦連発中と絶好調の内川が中犠飛を放って、柳田が生還。先制のホームを踏んだ。4回2死二塁では、2番手・藤平から右前適時打を放った。

 9月20日の日本ハム戦(札幌D)でスイングした際に負傷し「右腹斜筋と肋間筋損傷」「右第10肋軟骨損傷」と診断され、全治3週間の診断が下っていた。このクライマックスシリーズにギリギリ間に合うかどうかのところだったが、回復が思わしくなく、初戦での復帰を断念。20日にようやくフリー打撃を再開したばかり。たった2日間フリー打撃を行なっただけでの電撃復帰。約1か月実戦から離れていたにも関わらず、この活躍は驚異としか言いようがない。

人気記事ランキング