野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

下剋上の夢散った楽天・梨田監督「最後は何も出来ずに終わってしまった」

下克上の夢は散った。リーグ3位からの日本シリーズ進出を目指した楽天が敗れ去った。

楽天・梨田昌孝監督【写真:荒川祐史】
楽天・梨田昌孝監督【写真:荒川祐史】

復帰の柳田の内野安打から3失点「攻めを間違えたのかもしれない」

 下克上の夢は散った。リーグ3位からの日本シリーズ進出を目指した楽天が敗れ去った。22日、敵地ヤフオクドームでのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦。リーグ王者のソフトバンクに王手をかけられた楽天は先発の美馬が5点を失って、4回途中でノックアウト。打線もソフトバンク先発の武田から1点も奪えず、3連敗で敗退決定。梨田昌孝監督は「最後は何も出来ずに終わってしまって、悔いは残りますけどね。ヨーイドンで3点はちょっとキツかったかな」と、この日の試合を振り返った。

 初回に美馬がつかまった。この日1軍に復帰したばかりの柳田に内野安打を許した。「いい選手なのは間違いないし、状態も多少上がってきたからということでしょうけど、そんなに大振りしないというか。打ったのはほとんど変化球。最初はスライダー、2本目はフォークかな。そういったところで、攻めを間違えたのかもしれない」と指揮官。いきなり柳田に安打を許してソフトバンクに傾いた流れに飲み込まれた。1死一、三塁から内川の中犠飛で先制を許すと、松田にも2点適時二塁打を浴びて、3点のビハインドを背負った。4回にも2番手・藤平が柳田に右前適時打を浴びて、6点目を失った。

 打線は初回、武田の立ち上がりを攻めて1死二塁のチャンスを作ったが、無得点に終わったのが痛かった。「バントも出来ない状況になってしまった」と指揮官が言う2回以降、立ち直った武田を打ち崩せずに、7回までゼロ行進を続け、そのまま零封負けを喫した。

 初戦、2戦目を塩見、辛島の2人で連勝スタートを決めた楽天だったが、則本の3戦目、岸の4戦目、そして美馬の5戦目と、先発3本柱でまさかの3連敗。「流れ的には5-5でいったところで、先に点が入っておけば変わったんだけど、同点でいっていた分、後手後手になったのかも」。分岐点となった3戦目をこう振り返った梨田監督。大きく変わった流れを、最後まで覆せなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング