野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

突破確率0%報道に「変えるしかない」 鷹・内川、“CS男”の本領発揮でMVP

22日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦に勝利して、日本シリーズへの進出を決めたソフトバンク。内川聖一は初戦から4試合連続の本塁打、両チーム最多の7打点を挙げる活躍で同ステージのMVPに選ばれた。

MVPに選出されたソフトバンク・内川【写真:藤浦一都】
MVPに選出されたソフトバンク・内川【写真:藤浦一都】

MVPの内川、周囲に感謝「みなさんに恩返ししたいと思っていた」

 22日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦に勝利して、日本シリーズへの進出を決めたソフトバンク。内川聖一は初戦から4試合連続の本塁打、両チーム最多の7打点を挙げる活躍で同ステージのMVPに選ばれた。

 誰もが認める神懸かり的な活躍。内川のMVP獲得に異論を唱える者はいないはずだ。工藤公康監督、サファテとともにクライマックスシリーズ優勝会見に出席した内川は、MVPの受賞について少し神妙な表情でこう語った。

「レギュラーシーズン中に怪我でチームにいることができない期間が長かったので、結果でみなさんに恩返ししたいと思っていました。怪我を治す過程の中ではトレーナーさんや病院の先生など、いろいろな方にお世話になってここに立てていますので、本当にその感謝の意味も込めて頑張ろうと思っていました。本当にみんなに獲らせてもらったMVPだと思います」

 内川は2011年、2015年のCSでもMVPを獲得しており、今回が3度目の受賞。まさに“CS男”としての本領を発揮した5試合だった。王手をかけて臨んだ第5戦でも、初回にきっちりと犠牲フライを放って先制点をもぎ取った。

「チームの流れがよくない時には何とかいい流れに変えてやろうと思って打ちましたし、今日も先制点の状況でまず1点取ることによってみんなが勢いに乗ってくれるんじゃないかなという思いで打ちました。ボクもみんなに乗せられて打たせてもらったと思います」

人気記事ランキング