野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パ・リーグのドラフト会議10年の変遷、あの選手は何年組?【東北楽天編】

いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、楽天のドラフトを見ていきたい。

楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】
楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

2007年には盗塁王の聖沢、2008年には辛島が入団

 いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、楽天のドラフトを見ていきたい。現在、主力として活躍している選手は、何年に楽天の一員になったのだろうか。 

【2007年】 
大学生・社会人 
1位:長谷部康平(投手・愛工大) 
3位:伊志嶺忠(捕手・東京情報大) 
4位:聖澤諒(外野手・國學院大) 
高校生 
1位:寺田龍平(投手・札幌南高) 
3位:石田隆司(投手・東海大仰星高) 
4位:菊池保則(投手・常磐大高) 
育成1巡目:内村賢介(内野手・石川ミリオンスターズ) 

 聖澤選手は2012年の盗塁王。今季は111試合に出場、外野のスーパーサブとしてチームに貢献した。 

【2008年】 
1位:藤原紘通(投手・NTT西日本) 
2位:中川大志(投手・桜丘高) 
3位:井坂亮平(投手・住友金属鹿島) 
4位:井上雄介(投手・青学大) 
5位:楠城祐介(外野手・パナソニック) 
6位:辛島航(投手・飯塚高) 
育成1巡目:森田丈武(内野手・香川オリーブガイナーズ) 

 辛島投手は先発ローテーションの一角を務める左腕。今季は8勝8敗と貯金を作ることはできなかった。来季こそ悲願の2桁勝利を目指す。 

【2009年】 
1位:戸村健次(投手・立大) 
2位:西田哲朗(内野手・関大一高) 
3位:小関翔太(捕手・東筑紫学園高) 
4位:高堀和也(投手・三菱自動車岡崎) 
5位:土屋朋弘(投手・シティライト岡山) 
育成1巡目:松井宏次(内野手・長崎セインツ) 

 戸村投手は今季、予告先発投手が故障したため2度代役を務めた。史上最多となる通算3度の”代役登板”を経験した投手として話題になった。 

【2010年】 
1位:塩見貴洋(投手・八戸大) 
2位:美馬学(投手・東京ガス) 
3位:阿部俊人(内野手・東北福祉大) 
4位:榎本葵(外野手・九州国際大付高) 
5位:勧野甲輝(内野手・PL学園高) 
育成1巡目:加藤貴大(投手・富山サンダーバーズ) 
育成2巡目:木村謙吾(投手・仙台育英高) 
育成3巡目:川口隼人(内野手・滋賀高島ベースボールクラブ) 

 塩見投手は今季3勝をマーク。クライマックスシリーズファイナルステージ初戦の先発も任された。美馬投手は2013年日本シリーズMVP。今季は自身初の2桁勝利となる11勝を挙げる。 

【2011年】 
1位:武藤好貴(投手・JR北海道) 
2位:釜田佳直(投手・金沢高) 
3位:三好匠(投手・九州国際大付高) 
4位:岡島豪郎(捕手・白鴎大) 
5位:北川倫太郎(外野手・明徳義塾高) 
6位:島内宏明(外野手・明大) 
育成1巡目:神保貴宏(外野手・トランシス) 

 三好選手は今季、故障離脱した茂木選手の代役として遊撃を守る。骨折で離脱するまで56試合に出場。岡島選手は日本一に輝いた2013年から外野手に転向し、両翼のレギュラーを務めている。島内選手は自身初となる全試合出場を果たし、自己最多の14本塁打を放った。

人気記事ランキング