野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パ・リーグのドラフト会議10年の変遷、あの選手は何年組?【日本ハム編】

いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、北海道日本ハムのドラフトを見ていきたい。

日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】
日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

2007年高校生ドラフト1位の中田はチームの主軸に

 いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、北海道日本ハムのドラフトを見ていきたい。現在、主力として活躍している選手が、何年に北海道日本ハムの一員になったのだろうか。 

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

【2007年】 
大学・社会人 
1位:多田野数人(投手・3Aサクラメント) 
3位:宮西尚生(投手・関西学院大) 
4位:村田和哉(外野手・中央大) 
高校生 
1位:中田翔(外野手・大阪桐蔭高) 
3位:津田大樹(投手・倉敷高) 
4位:大平成一(外野手・波佐見高) 
5位:松山傑(投手・横浜商大高) 
6位:豊島明好(投手・北陸大谷高) 
7位:浅沼寿紀(投手・旭川南高) 

 中田選手は日本を代表するスラッガー。昨季は打点王、ベストナイン、ゴールデングラブ賞に輝いた。今季開幕前の第4回「ワールド・ベースボール・クラシック」では侍ジャパンに選出され、ベスト4に貢献。宮西投手は、ルーキーイヤーから10年連続で50試合以上に登板する鉄腕セットアッパー。今季は史上2人目の通算250ホールドを達成した。 

【2008年】 
1位:大野奨太(捕手・東洋大) 
2位:榊原諒(投手・関西国際大) 
3位:矢貫俊之(投手・三菱ふそう川崎) 
4位:土屋健二(投手・横浜高) 
5位:中島卓也(内野手・福岡工高) 
6位:杉谷拳士(内野手・帝京高) 
7位:谷元圭介(投手・バイタルネット) 

 中島卓選手は昨季、チームの日本一を支えた正遊撃手。今季7月30日の福岡ソフトバンク戦ではプロ9年目、2287打席目にして初めての本塁打を放った。 

【2009年】 
1位:中村勝(投手・春日部共栄高) 
2位:大塚豊(投手・創価大) 
3位:加藤政義(内野手・九州国際大) 
4位:運天ジョン・クレイトン(投手・浦添工高) 
5位:増井浩俊(投手・東芝) 
6位:荒張裕司(捕手・徳島インディゴソックス) 

 増井投手は守護神として、今季27セーブをマーク。昨季は両リーグ16年ぶりとなる10勝10セーブを達成した。 

【2010年】 
1位:斎藤佑樹(投手・早大) 
2位:西川遥輝(外野手・智弁和歌山高) 
3位:乾真大(投手・東洋大) 
4位:榎下陽大(投手・九産大) 
5位:谷口雄也(外野手・愛工大名電高) 
6位:齊藤勝(投手・セガサミー) 

 西川選手は不動のリードオフマン。今季39盗塁を記録し、自身2度目の盗塁王に輝いた。 

【2011年】 
1位:菅野智之(投手・東海大) 
2位:松本剛(内野手・帝京高) 
3位:石川慎吾(外野手・東大阪大柏原高) 
4位:近藤健介(捕手・横浜高) 
5位:森内寿春(投手・JR東日本東北) 
6位:上沢直之(投手・専大松戸高) 
7位:大嶋匠(捕手・早大ソフトボール部) 

 松本選手は今季ブレイク。主に2番打者として115試合に出場。打率.274、110安打、プロ初を含む5本塁打を記録した。近藤選手は規定打席には届かなかったが、打率.413と驚異的な数字をマーク。上沢投手は4勝9敗ながらも、常に安定した投球を披露した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」