野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

パ・リーグのドラフト会議10年の変遷、あの選手は何年組?【ソフトバンク編】

いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、福岡ソフトバンクのドラフトを見ていきたい。現在、主力として活躍している選手は、何年に福岡ソフトバンクの一員になったのだろうか。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

2010年は2位で柳田、育成で千賀と甲斐が入団

 いよいよ10月26日に迫った運命のドラフト会議。当日を待ちきれないファンの方も多いのではないだろうか。今回は、パ・リーグ過去10年のドラフトを振り返る一環として、福岡ソフトバンクのドラフトを見ていきたい。現在、主力として活躍している選手は、何年に福岡ソフトバンクの一員になったのだろうか。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

【2007年】
大学生・社会人
1位:大場翔太(投手・東洋大)
3位:久米勇紀(投手・明大)
高校生
1位:岩嵜翔(投手・市船橋高)
3位:中村晃(内野手・帝京高)
4位:藤井翼(内野手・桜井高)

 岩嵜投手は今季「勝利の方程式」の一角として球団史上最多の72試合に登板する大車輪の活躍を見せ、リーグ制覇に大きく貢献。リーグ最多のホールドもマークした。中村晃選手は2014年に最多安打に輝く。鉄壁の外野守備で幾度となくチームのピンチを救う。

【2008年】
1位:巽真悟(投手・近大)
2位:立岡宗一郎(外野手・鎮西高)
3位:近田怜王(投手・報徳学園高)
4位:有馬翔(投手・日南学園高)
5位:攝津正(投手・JR東日本東北)
6位:金無英(投手・福岡レッドワーブラーズ)
7位:鈴木駿也(投手・山形中央高)
育成1巡目:内田好治(投手・大阪産業大)
育成2巡目:二保旭(投手・九州国際大付高)
育成3巡目:柳川洋平(投手・福井ミラクルエレファンツ)
育成4巡目:猪本健太郎(捕手・鎮西高)
育成5巡目:堂上隼人(捕手・香川オリーブガイナーズ)

 攝津投手は新人王、最優秀中継ぎ、最高勝率、最多勝、沢村賞を獲得。中継ぎとしても先発としても圧倒的な成績を残し、一時代を築く。今季はついに未勝利に終わってしまった。

【2009年】
1位:今宮健太(内野手・明豊高)
2位:川原弘之(投手・福岡大大濠高)
3位:下沖勇樹(投手・光星学院高)
4位:中原恵司(外野手・亜大)
5位:豊福晃司(内野手・鳥栖高)

 今宮選手は球界屈指の華麗な守備を誇る不動の正遊撃手。今季はパンチ力が増し、自己最多の14本塁打をマークした。

【2010年】
1位:山下斐紹(捕手・習志野高)
2位:柳田悠岐(外野手・広島経済大)
3位:南貴樹(投手・浦和学院高)
4位:星野大地(投手・岡山東商高)
5位:坂田将人(投手・祐誠高)
育成1巡目:安田圭佑(外野手・高知ファイティングドッグス)
育成2巡目:中原大樹(内野手・鹿児島城西高)
育成3巡目:伊藤大智郎(投手・誉高)
育成4巡目:千賀滉大(投手・蒲郡高)
育成5巡目:牧原大成(内野手・城北高)
育成6巡目:甲斐拓也(捕手・楊志館高)

 柳田選手は今や日本球界を代表するスラッガー。2015年にはトリプルスリーを達成した。育成指名の千賀投手は2016年から先発ローテーションの一角を担う。第4回「ワールド・ベースボール・クラシック」では日本人選手唯一のベストナインに選出。今季は最高勝率のタイトルに輝いた。同じく育成指名の甲斐選手は、球界最速の二塁送球タイムを誇る強肩を武器に、正捕手にまで成長。千賀投手とともに史上初の育成出身バッテリーを組む。

【2011年】
1位:武田翔太(投手・宮崎日大高)
2位:吉本祥二(投手・足立学園高)
3位:塚田正義(内野手・白鴎大)
4位:白根尚貴(内野手・開星高)
5位:嘉弥真新也(投手・JX-ENEOS)
育成1巡目:釜元豪(外野手・西陵高)
育成2巡目:亀澤恭平(内野手・香川オリーブガイナーズ)
育成3巡目:三浦翔太(投手・岩手大)
育成4巡目:清水貴之(投手・群馬ダイヤモンドペガサス)
育成5巡目:新崎慎弥(内野手・日本文理大)
育成6巡目:笹沼明広(捕手・オール足利クラブ)
育成7巡目:飯田一弥(捕手・高知ファイティングドッグス)

 武田投手は2015年から2年連続で2桁勝利を挙げる。今季は6勝ながら132球を投げて完封勝利も決めた。嘉弥真投手はサイドスローへ転向し、自己最高の58試合に登板。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬