野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島新井、初4番で追撃ソロ弾も無念敗退 ファンに感謝「ありがとう、と」

広島の新井貴浩が24日にマツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦に、今シリーズ初となる4番で出場した。2-6とリードされた6回には追撃のソロ本塁打を放ち、スタンドのムードは一変したが、投手陣が失点を重ねてチームを敗れ、2年連続の日本シリーズ進出を逃した。

広島・新井貴浩【写真:編集部】
広島・新井貴浩【写真:編集部】

2年連続日本シリーズ進出逃し「悔しいね。それしか言葉が浮かばない」

 広島の新井貴浩が24日にマツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦に、今シリーズ初となる4番で出場した。2-6とリードされた6回には追撃のソロ本塁打を放ち、スタンドのムードは一変したが、投手陣が失点を重ねてチームを敗れ、2年連続の日本シリーズ進出を逃した。

“戦友”から侍ジャパン稲葉監督へのエール「それが僕の素直な気持ちです」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「悔しいね。それしか言葉が浮かばない」と、試合後に報道陣に囲まれた新井は、絞り出すように言葉を発した。自身の悲願である日本一は今年も達成して来なかったが、敗色濃厚となった試合終盤でもほとんど帰ることのなかったスタンドについて「ファンの声援は伝わっていたし、たくさん応援して頂いてありがとう、と言いたい」と感謝した。

 来季についての質問には「終わったばかりだから」と肩を落とした新井。出場した4試合ではすべての試合で安打を放つなど、改めて存在感を示したシリーズとなった。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング