野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

社会人は打高投低、清宮回避で一本釣りも…元阪神ドラ1藪氏が見るドラフト

新戦力の獲得舞台として注目を集めるプロ野球ドラフト会議は10月26日開催。それに先駆け、10月12日に高校生と大学生のプロ志望届提出が締め切られた。

阪神OBの藪恵壹氏【写真:岩本健吾】
阪神OBの藪恵壹氏【写真:岩本健吾】

目玉は高校通算111本塁打の清宮も…「他にもいい素材はいっぱいいますからね」

 10月28日から日本シリーズが始まる日本プロ野球。ソフトバンクとDeNAの日本一を懸けた熱戦が期待されるが、同時に各チームが来季に向けてのチーム作りに取り組んでいる。新戦力の獲得舞台として注目を集めるプロ野球ドラフト会議は10月26日開催。それに先駆け、10月12日に高校生と大学生のプロ志望届提出が締め切られた。

 今年の目玉は、言わずもがなの早実・清宮幸太郎内野手だろう。中学時代から注目を集めていた逸材で、史上最多とされる高校通算111本塁打を記録。プロ志望届を提出後の2日には、10球団と面談を行い、育成方法などについて話を聞いたという。“超高校級”スラッガーが世間の注目を一身に受ける中で、「表向きは清宮獲得と言っておいて、他を一本釣りする球団も出てくるでしょうね」と語るのは、元メジャー右腕で阪神OBの藪恵壹氏だ。

「清宮君だけじゃなくて、他にもいい素材はいっぱいいますからね。安田君(履正社)、中村君(広陵)も本当にいい選手。高校生であれだけのスイングができる。まだ伸びしろもあるだろうし、これから楽しみですよね。競合を避けて一本釣りするかどうかは、補強ポイントにもよるでしょう。でも、清宮獲得と表明しながら、当日になって他の選手を指名する球団があってもおかしくないと思います。

 正直なところ、清宮君は12球団どこだって欲しいはず。あれだけ人を惹きつけられる魅力を持つ人間は、そうそういないから。同時に、彼はNPBの先にMLBという将来的な目標をすでに持っている。そこに対するビジョンが一致する球団があるのか。早めに面談をしたポイントもそこでしょうね」

 藪氏が阪神に入団したのは、1993年のドラフトだった。NPBは、この年から“逆指名制度”を導入。東京経済大を卒業後、社会人野球の朝日生命でプレーしていた藪氏は、逆指名制度を利用したドラフト1位として、伝統球団入りを果たした。「ドラフト前に話はほぼまとまっていたから、希望球団を書いた用紙をNPBにファクスで流したら、それでおしまいでしたよ(笑)」と笑いながら当時を振り返る。

「ファクスは会社から自分で流しました。もちろん『阪神』って書いたけど、もし『12球団OK』って書いたらどうなるのかな、なんて思いながら(笑)。逆指名会見の後だったから、そんなことできないけど」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬