野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラ1抽選3連覇なるか ソフトB工藤監督「どんな結果でも運命の出会い」

日本シリーズを控えたソフトバンクは、工藤監督が東京への日帰りで同会議に参加予定。一昨年は高橋純平、昨年は田中正義を引き当てた工藤監督が、今年の大役に挑戦する。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

清宮指名なら残りくじに運命託す「それでも私が引くことには変わりない」

 26日、いよいよプロ野球新人選手選択(ドラフト)会議が行われる。日本シリーズを控えたソフトバンクは、工藤監督が東京への日帰りで同会議に参加予定。一昨年は高橋純平、昨年は田中正義を引き当てた工藤監督が、今年の大役に挑戦する。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 清宮幸太郎(早稲田実)を指名すれば競合は必至。さらに田嶋大樹(JR東日本)などの有力選手の競合度合いによっては、“外れ1位”の指名も競合・抽選となる可能性もある。それだけにドラ1抽選で“2連覇中”の工藤監督にかかる期待は大きい。

 前日の25日、工藤監督は具体的な選手名を出すことはなかったが「ドラフトについてボクの考え方は何も変わらない」として、次のように語った。

「(競合・抽選が)どんな結果になっても、その子にとっては運命の出会い。ウチになればうれしいけど、他の球団になったとしてもそこが(指名された選手にとって)一番いい球団だと思います」

 広島は清宮を指名しない方向のため、ソフトバンクが清宮を指名した場合には高橋を引き当てた2年前と同様、残りくじに運命を託すことになる。「それでも私が引くことには変わりないだろ」と工藤監督は笑った。果たしてソフトバンクは希望する選手との「運命の出会い」を果たせるのだろうか。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」