野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • WS第2戦はアストロズが1点先制に成功、3回にブレグマンが中堅タイムリー

WS第2戦はアストロズが1点先制に成功、3回にブレグマンが中堅タイムリー

アストロズは25日(日本時間26日)、敵地で行われているドジャースとのワールドシリーズ第2戦で先制に成功した。3回、前日ソロ弾を放っていたブレグマンが値千金のタイムリーを放ち、1点を挙げた。

好投を続けるアストロズ・バーランダー【写真:Getty Images】
好投を続けるアストロズ・バーランダー【写真:Getty Images】

先発バーランダーは3回まで無安打無失点の快投

 アストロズは25日(日本時間26日)、敵地で行われているドジャースとのワールドシリーズ第2戦で先制に成功した。3回、前日ソロ弾を放っていたブレグマンが値千金のタイムリーを放ち、1点を挙げた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 この日、ドジャースの先発マウンドに上がったのは左腕ヒル。初回先頭スプリンガーが四球を選んだ後は、打者6人が連続凡退となった。だが、3回にアストロズ打線は先頭レディックがラッキーな二塁内野安打で出塁。続くバーランダーが送りバントを決めると、1番スプリンガーが左前打で1死一、三塁とチャンスを広げる。ここで打席に入ったブレグマンが初球をセンターへ運んだ。

 ドジャース中堅テイラーがダイビング捕球を試みようと飛び込んだが、打球が帽子のつばに当たり、左翼へ弾かれた。この間に三塁走者レディックが本塁へ生還。先制のホームを踏んだ。

 なおも1死一、二塁の追加点機だったが、アルトゥーベ、コレアが連続で三振に倒れ、追加点はならなかった。

 アストロズ先発バーランダーは3回まで無安打無失点の快投を続けている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」