野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • MVPもいれば、戦力外も…過去5年間12球団の「ドラ1選手」の実績は?

MVPもいれば、戦力外も…過去5年間12球団の「ドラ1選手」の実績は?

過去5年間、12球団が獲得した「ドラ1」が現時点でどのくらい成長しているのか、調べてみた。

日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】
日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】

最近のドラ1は現時点でどのくらい成長しているのか

 2017年のドラフト会議が26日に行われる。今年は早実の清宮幸太郎、広陵の中村奨成、履正社の安田尚憲の「高校ビッグ3」に注目が集まる。彼らは当然、ドラフト1位候補だろうが、過去5年間、12球団が獲得した「ドラ1」が現時点でどのくらい成長しているのか、調べてみた。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 ドラフト1位で入団した選手の通算での安打数(投手のも含む)、勝利数、セーブ数。チームごとの合計も出した。

【パ・リーグ】

◯ソフトバンク
2012投 東浜巨 0安打 31勝0S0H
2013投 加治屋蓮 0安打 0勝0S0H
2014投 松本裕樹 1安打 2勝0S0H
2015投 高橋純平 0安打 0勝0S0H
2016投 田中正義(1軍出場なし)
合計 1安打 33勝0S0H

◯西武
2012投 増田達至 0安打 14勝59S76H
2013捕 森友哉 302安打 
2014投 高橋光成 0安打 12勝0S0H
2015投 多和田真三郎 0安打 12勝0S0H
2016投 今井達也(1軍出場なし)
合計 302安打 38勝59S76H

◯楽天
2012投 森雄大 0安打 3勝0S0H
2013投 松井裕樹 0安打 11勝96S30H
2014投 安楽智大 0安打 5勝0S0H
2015外 オコエ瑠偉 61安打 
2016投 藤平尚真 0安打 3勝0S0H
合計 61安打 22勝96S30H

◯オリックス
2012投 松葉貴大 2安打 25勝0S0H
2013投 吉田一将 0安打 13勝1S28H
2014投 山崎福也 1安打 8勝0S0H
2015外 吉田正尚 138安打 
2016投 山岡泰輔 0安打 8勝0S0H
合計 141安打 54勝1S28H

◯日本ハム
2012投外 大谷翔平 296安打 42勝0S1H
2013内 渡辺諒 8安打 
2014投 有原航平 1安打 29勝0S0H
2015投 上原健太 0安打 1勝0S1H
2016投 堀瑞輝 0安打 0勝0S0H
合計 305安打 72勝0S2H

◯ロッテ
2012投 松永昂大 0安打 12勝1S81H
2013投 石川歩 1安打 39勝0S0H
2014内 中村奨吾 195安打 
2015内 平沢大河 28安打 
2016投 佐々木千隼 0安打 4勝0S0H
合計 224安打 55勝1S81H

 投打で破天荒な活躍をした大谷翔平がいる日本ハムが305安打、72勝でトップ。日本ハムは有原もエース級に育ち、育成の強みを見せている。西武は森友哉が中心打者、増田が救援投手として成長。楽天は松井がリーグを代表するクローザーとなった。

 ソフトバンクは東浜が今季の最多勝に輝いたが、他の選手はまだ育ってきていない。層の厚さもあるが、2014年以降は将来性重視で高校生中心の指名となっている。オリックスは松葉が25勝しているが、それ以上に吉田正尚の打棒に期待がかかるところだ。ロッテは石川がエース級に、佐々木も今季4勝を挙げた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」