野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 【ドラフト】広陵・中村は地元広島へ 中日と競合も抽選で緒方監督が交渉権引き当てる

【ドラフト】広陵・中村は地元広島へ 中日と競合も抽選で緒方監督が交渉権引き当てる

2017年のプロ野球ドラフト会議が26日、都内で行われ、今夏の甲子園で大会史上最多記録となる6本塁打を放った中村奨成捕手(広陵)は2球団競合の末、広島が交渉権を獲得した。

侍ジャパンU-18代表にも選ばれた中村奨成【写真:Getty Images】
侍ジャパンU-18代表にも選ばれた中村奨成【写真:Getty Images】

今夏甲子園で史上最多6本塁打、緒方監督は「ホッとしました」

 2017年のプロ野球ドラフト会議が26日、都内で行われ、今夏の甲子園で大会史上最多記録となる6本塁打を放った中村奨成捕手(広陵)は2球団競合の末、広島が交渉権を獲得した。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 強肩強打の捕手に対しては、中日、広島の2球団が1位指名。抽選では緒方孝市監督が交渉権を引き当てた。緒方監督は場内インタビューで「ホッとしました」と話し、厳しいトレーニングを望んでいるという本人に「うちにピッタリの選手。早く会いたいです」とメッセージを送った。

 中村は今夏の甲子園で、1985年に清原和博(PL学園)が樹立した5本塁打の大会記録を更新。同校を準優勝に導き、大会後は侍ジャパンU-18代表の一員として、U-18ワールドカップにも出場した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」