野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【ドラフト】日ハムが交渉権、清宮が語った胸の内 両親への感謝、仲間への思い、将来の夢

今年のプロ野球ドラフト会議で最大の注目だった早実の清宮幸太郎内野手が7球団から1位指名を受けた。抽選の末に日本ハムが交渉権を獲得。7球団の競合は高校生としては1995年の福留孝介(PL学園)と並ぶ最多タイとなった。

日本ハムが交渉権を獲得した清宮幸太郎【写真:篠崎有理枝】
日本ハムが交渉権を獲得した清宮幸太郎【写真:篠崎有理枝】

7球団競合の末、日本ハムが交渉権獲得

 今年のプロ野球ドラフト会議で最大の注目だった早実の清宮幸太郎内野手が7球団から1位指名を受けた。抽選の末に日本ハムが交渉権を獲得。7球団の競合は高校生としては1995年の福留孝介(PL学園)と並ぶ最多タイとなった。

 ロッテ、ヤクルト、日本ハム、巨人、楽天、阪神、ソフトバンクが1位指名した高校通算最多111本塁打のスラッガー。指名を受けた後は早実高で会見を実施。プロ入りに向け、「『清宮なくして今のチームはない』と言ってもらえるような貢献をしたい」と意欲を見せた。

 以下が主な一問一答。

――7球団競合。どのような気持ちでしたか?

「会場で自分の名前が表示されたり、読まれるたり。今までは見ている立場。今までにない感覚がありました」

――日本ハム交渉権獲得。それについては?

「ものすごくいい選手がたくさんいる。いいチームだというイメージがある。本当に嬉しい」

――プロに向けての気持ちは?

「プロの世界は別の世界だと思っている。高校までの結果に甘んずることなく、プロの世界に入ったらしっかり練習して鍛錬して磨きをかけたい」

――憧れの舞台に向けて動き出す。これからどのように活躍したい? 

「結果を残していないのでどうこう言えない。自分を信じてプロの世界でやっていきたい」

――早稲田実業で学んだことは?

「1年ごとに立場が変わり、いろいろな経験をした3年間だった。この3年間で自分の人生が大きく変わったと思っている。自分の思うように練習をさせてもらった。自分を信じて練習をやってきたから今の自分があると思う」

――家族とはどういう話をした?

「父も母も大学出ているので、大学の良さもわかっている。それでも自分が選ぶ道を応援する、サポートするという姿勢でした」

――両親に何を伝えたい?

「今の自分は両親なくしてない。育ててもらった18年間に恥じないように、いい大人になっていいプロ野球選手になると言いたい」

――和泉監督に伝えたいことは?

「1年の時から使っていただいた。自分の思うようにやらせてもらった。そういうところがあったから成長できたと思っている」

――プロの険しい道に何が必要だと思っていますか?

「これからどういう道のりになるかわからない。自分を信じて、ぶれることなく目指すところをしっかり進んでいけたら」

人気記事ランキング