野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラフト1位にも引けを取らない主力ズラリ 西武が誇る「ドラフト3位」

埼玉西武は菊池や増田、森などのドラフト1位選手の活躍が目立っているが、実は「ドラフト3位」にも今季の主力選手が集中していることはご存知だろうか。今回は、そんな埼玉西武のドラフト3位選手に注目していきたい。

西武・浅村栄斗【写真:編集部】
西武・浅村栄斗【写真:編集部】

浅村、秋山、金子侑、源田…西武が誇るドラ3選手たち

 10月26日に「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が行われた。高校・大学・社会人野球のスターが名を連ねるため、ドラフト1位指名を受ける選手に注目が集まるのは当然のことだろう。しかし、現在の球界を担う一流選手が必ずしもドラフト1位指名を受けたわけではない。

 埼玉西武は菊池や増田、森などのドラフト1位選手の活躍が目立っているが、実は「ドラフト3位」にも今季の主力選手が集中していることはご存知だろうか。今回は、そんな埼玉西武のドラフト3位選手に注目していきたい。

 まずは2008年のドラフト3位・浅村だ。第90回全国高等学校選手権大会で、攻守にわたる圧倒的な活躍で母校の優勝に貢献し、高校史上最高の遊撃手とも呼ばれた浅村。2年目に早くも1軍デビューを果たすと、2013年は主砲・中村不在の中で4番を務め、最多打点、ベストナインに輝いた。

 今季は栗山の後を引き継いで野球人生初のキャプテンを任されると、背番号も自身が熱望した「3」に変更。多くの重圧がかかるシーズンとなったが、それに押し潰されることなく強力打線の主軸を担う。際どいタイミングの内野ゴロで気迫のヘッドスライディングを敢行するなど、キャプテンとして新たな一面が見られるシーズンでもあった。

 埼玉西武が誇る5ツールプレイヤー・秋山もドラフト3位でプロの世界に入っている。守備の名手としては早いうちから存在感を示していたが、2015年に打撃力が一気に開花、記録尽くしの1年となった。歴代3位タイ(左打者では歴代1位)となる31試合連続安打、史上7人目となるシーズン200安打を達成。最終的には、2010年のマートン(元阪神)を上回る216安打を放ち、シーズン最多安打の日本新記録を打ち立てた。

 攻守において球界を代表する選手となった秋山だが、今季は長打力までもが飛躍的にアップ。打率.322で首位打者のタイトルを獲得する一方、自己最多を大きく更新する25本塁打を記録し、一発を持つ豪快さと、安打製造機としての安定感を両立させた。もはや埼玉西武を語る上で、欠かせない選手の1人である。

人気記事ランキング