野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本シリーズで激突「ホークス対DeNA」、過去の対戦成績は?

福岡ソフトバンクと、セ・リーグのクライマックスシリーズ覇者・横浜DeNAによる頂上決戦「SMBC日本シリーズ2017」が28日に幕を開ける。今回の日本シリーズでは、予告先発制が採用されず、その視点からも新たな楽しみ方ができそうだ。ここでは、過去の交流戦における対戦成績を振り返り、福岡ソフトバンクの注目選手を挙げたい。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

交流戦の対戦成績は?

 福岡ソフトバンクと、セ・リーグのクライマックスシリーズ覇者・横浜DeNAによる頂上決戦「SMBC日本シリーズ2017」が28日に幕を開ける。今回の日本シリーズでは、予告先発制が採用されず、その視点からも新たな楽しみ方ができそうだ。ここでは、過去の交流戦における対戦成績を振り返り、福岡ソフトバンクの注目選手を挙げたい。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

【福岡ソフトバンクの横浜DeNA戦 過去の対戦成績(交流戦)】
2005年 5勝1敗 打率.303 防御率2.38 
2006年 5勝1敗 打率.291 防御率2.67 
2007年 0勝4敗 打率.246 防御率4.46 
2008年 4勝0敗 打率.270 防御率.2.12 
2009年 4勝0敗 打率.273 防御率2.50 
2010年 2勝2敗 打率.268 防御率5.40 
2011年 3勝1敗 打率.336 防御率3.34 
2012年 1勝2敗1分 打率.244 防御率2.06 
2013年 3勝1敗 打率.250 防御率2.00 
2014年 2勝2敗 打率.289 防御率3.18 
2015年 2勝1敗 打率.270 防御率1.93 
2016年 3勝0敗 打率.330 防御率2.00 
2017年 2勝1敗 打率.247 防御率3.12 

 2005年から始まった交流戦、福岡ソフトバンクの横浜DeNAとの通算成績は36勝16敗1分で、福岡ソフトバンクが貯金20と大きく勝ち越している。直近の5年で12勝5敗とこちらも大きく勝ち越し。この数字だけで判断するのであれば、日本シリーズは福岡ソフトバンクがやや優勢であると言えるだろう。 

【対横浜DeNA 打者のキーマン】 
〇柳田 
交流戦成績:18試合24安打7本塁打23打点 出塁率.415 得点圏打率.565 打率.338 
対横浜DeNA:3試合11打数5安打2本塁打5打点 打率.455 

 横浜DeNA戦における福岡ソフトバンクの打者のキーマンとして、今季の交流戦で好成績を残した柳田選手を挙げたい。史上初となる自身2度目の交流戦MVPに輝いた柳田選手は、横浜DeNAを相手に3試合で2本塁打、打率.455と猛打を振るった。今季終盤の故障のためポストシーズンへの出場が危ぶまれていたが、クライマックスシリーズファイナルステージ最終戦で復帰すると、ブランクを感じさせない打棒と走塁を披露している。 

 柳田選手はリーグトップの長打率を誇っているが、同じくリーグ1位の出塁率、リーグ2位の打率、俊足なども備える器用なプレイヤーであるため、福岡ソフトバンク打線の戦略の幅を広げる大きな役割を果たしてくれるだろう。ファイナルステージ最終戦でチームが楽天を圧倒する起爆剤になっており、その存在が打線全体にもたらす影響の大きさは計り知れない。これまで怪我や不振などで、ポストシーズンではなかなか結果を残せなかった。これ以上ない舞台で、改めてその存在感の大きさを発揮したいところだ。 

 日本シリーズでは過去10年で7勝3敗と、パ・リーグがセ・リーグを圧倒している。ただ横浜DeNAは下馬評を覆してセ・リーグ王者の広島を破り、この舞台に駆け上がってきた。短期決戦では勢いのあるチームが流れを手にする。福岡ソフトバンクは本拠地で行われる初戦をものにして、パ・リーグ王者の貫禄を見せ付けたい。白星発進となれば、2年ぶりの日本一へ大きく前進することは間違いないだろう。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」