野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

第1戦大勝のソフトB、第2戦はわずか5球で先制 まるでリプレー、デスパ適時打

ソフトバンクが、わずか5球で先制点をあげた。29日にヤフオクドームで行われたDeNAとの日本シリーズ第2戦。初戦に勝利した勢いそのままに、パ・リーグ王者が2試合連続で初回に先制点を奪った。

柳田ヒット→今宮犠打→デスパイネ先制打

 ソフトバンクが、わずか5球で先制点をあげた。29日にヤフオクドームで行われたDeNAとの日本シリーズ第2戦。初戦に勝利した勢いそのままに、パ・リーグ王者が2試合連続で初回に先制点を奪った。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 前日のリプレーを見ているようだった。東浜が簡単に3者凡退に抑え、完璧な立ち上がりを見せた初回の裏の攻撃。初戦と同じように、先頭の柳田が初球を右前へ弾き返す安打で出塁すると、今宮がこれまた初球を犠打。得点圏に進めると、前日も先制適時打を放っていたデスパイネが、この日も値千金の一打を放った。

 1ボール1ストライクからの3球目。DeNA先発の今永が投じた真っ直ぐを捉えると、打球は三遊間を破って左前へ。二塁走者の柳田が俊足を飛ばして本塁へと生還した。ここまでわずか5球。電光石火の先制攻撃で、ソフトバンクがあっさりと先行して主導権を握った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」