野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB中村「打ってやろう」のプラス思考 シリーズ初ヒットが決勝打に

29日の日本シリーズ第2戦、ソフトバンク中村晃の一打がチームに4-3の逆転勝利をもたらした。1点ビハインドの2死満塁からライトへのタイムリー。リプレー検証の末にセーフとなった今宮健太の好走塁もあり、中村晃にとってもチームにとっても大きな2点打となった。

ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

リプレー検証の末に同点打が逆転打に、好走塁の今宮に「感謝ですね」

 29日の日本シリーズ第2戦、ソフトバンク中村晃の一打がチームに4-3の逆転勝利をもたらした。1点ビハインドの2死満塁からライトへのタイムリー。リプレー検証の末にセーフとなった今宮健太の好走塁もあり、中村晃にとってもチームにとっても大きな2点打となった。

 初戦は3打数ノーヒット、この日の第2戦でも第3打席までヒットが出なかった。そして巡ってきた7回裏の第4打席。2点ビハインドから柳田悠岐のタイムリーで1点を返して、なおも2死満塁のチャンスだった。DeNAのセットアッパー、パットンの3球目を振り抜くと、打球は一、二塁間を鋭く破ってライト前へ。中村晃にとって今シリーズでの初ヒットが最も大事な場面で飛び出した。

 三塁走者の柳田が還り、さらに二塁走者の今宮がホームへヘッドスライディング。アウトのコールが出されたものの、工藤公康監督がリプレー検証を要求し、長い確認の結果セーフに覆った。その瞬間、この一打は同点打から逆転打に変わった。

 中村晃は「タイミングは完全にアウトだったので、(今宮の)スライディングが素晴らしかった。感謝ですね」と、果敢な攻めのスライディングを見せた今宮を称えた。2試合目でようやく出たヒットにも、CSの時ほど思い悩むことはないという。

人気記事ランキング