野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB今宮、“神走塁”を生んだ「集中力」「インパクトの瞬間のスタート」

今宮健太の“神走塁”がチームを4-3の勝利に導いた。今宮は「当たり前のことを当たり前にやっただけ」とクールに振り返りながらも、判定がリプレー検証で覆った瞬間は「めっちゃうれしかった」という。

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

三塁を回った時点で「やばい」、一度はアウト判定もリプレー検証で覆る

 日本シリーズ第2戦、ソフトバンク今宮健太の“神走塁”がチームを4-3の勝利に導いた。今宮は「当たり前のことを当たり前にやっただけ」とクールに振り返りながらも、判定がリプレー検証で覆った瞬間は「めっちゃうれしかった」という。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 1点差に迫った7回裏、なおも2死満塁の場面で今宮は二塁の塁上にいた。「2アウトだったので(中村の)インパクトだけに集中していました」という今宮は、中村晃のヒットで三塁ベースを蹴ってホームに突進。ヘッドスライディングで突っ込んだが判定はアウト。工藤公康監督はすぐにリプレー検証を審判団に要求し、約7分にも及ぶ長い検証の結果、判定はセーフに覆った。

 三塁を回った時点で「やばい」と思って、頭から突っ込むしかないと迷わずヘッドスライディングを選択したという。本人は「手首の上あたりにタッチされたから微妙だなと思ったけど、審判の判定を聞いた瞬間は『アウトか~』と思っただけで、リプレー検証ということは頭になかったです」と話す。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬