差別行為で処分のグリエルを救ったベテランの気遣い、ダルビッシュの寛容さ

ダルビッシュにもメール「あの言葉は君がいかに素晴らしい人間かを物語っている」

 昨季途中にヤンキースからレンジャーズへトレード移籍したベテラン外野手は、わずか2か月ではあるがダルビッシュとチームメートだった。騒動後に更新された右腕のツイートを見たベルトランは、「あの言葉は君がいかに素晴らしい人間かを物語っている」とダルビッシュにメールを送り、グリエルに対する許しを求めたという。同時に、グリエルがサポートする価値のない人間だったら、間を取り持つこともなかったと告げたそうだ。

 ベルトランがダルビッシュから受けた返信は、会見やツイートと同様に、ミスから学んで前に進んでいこう、という内容だったという。第4戦前のクラブハウスで目に見えて落ち込んでいるグリエルに「彼(ダルビッシュ)は敵意を抱いてはいないことを伝えたかった」と、ベルトランはダルビッシュから来た返信を見せた。「こういう仲立ちに入ったのも、お前がいいヤツだと信じているからだ。そして、彼が何の反感も持っていないと伝えたかったんだ」と励ましたが、第4戦は3打数無安打と快音響かず、チームも敗れた。

 だが、第5戦で効果は表れた。グリエルは4回の同点3ランを含む2安打3打点で勝利に貢献。アストロズは悲願の球団史上初となる世界一に王手を掛けた。ベテランの心遣いが、グリエルとチームを救った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY