野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大興奮に大爆笑? サヨナラの瞬間に喜びすぎるアストロズ主砲の姿が話題に

大興奮に大爆笑? サヨナラの瞬間に喜びすぎるアストロズ主砲の姿が話題に

アストロズは29日(日本時間30日)、本拠地で行われたドジャースとのワールドシリーズ第5戦で5時間17分の大熱戦を制し、13-12でサヨナラ勝ち。3勝2敗と球団史上初の世界一へ王手をかけて、31日(同1日)の第6戦から再び敵地ドジャースタジアムに乗り込む。

アストロズのカルロス・コレア【写真:Getty Images】
アストロズのカルロス・コレア【写真:Getty Images】

大熱戦の末にサヨナラ勝ち、その瞬間に4番コレアが取った行動は…「思い出せない」

 アストロズは29日(日本時間30日)、本拠地で行われたドジャースとのワールドシリーズ第5戦で5時間17分の大熱戦を制し、13-12でサヨナラ勝ち。3勝2敗と球団史上初の世界一へ王手をかけて、31日(同1日)の第6戦から再び敵地ドジャースタジアムに乗り込む。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 このワールドシリーズ史に残る名勝負に決着をつけたのは、延長10回のブレグマンのサヨナラヒット。ドジャースの最強守護神ジャンセンからセンター前に運び、代走のフィッシャーが二塁から一気に生還すると、本拠地は大歓声に包まれたが、この時の主砲カルロス・コレア内野手の興奮ぶりが話題となっている。

 延長10回、2死一、二塁の場面。ブレグマンの打球がセンター前に抜けると、ベンチから飛び出したコレアはサイドステップで飛び跳ねながら、両手をぐるぐると回した。そのままホームベース後方まで移動し、次打者のアルトゥーベの前に陣取ると、フィッシャーに対して体全体を使って激しくスライディングの“サイン“。生還した瞬間に右手を突き上げ、今度は歓喜の表情で一塁のブレグマンまで猛ダッシュして、ヒーローに抱きついた。

 この動画をアストロズが公式ツイッターで紹介すると、コレア自身もツイートを紹介。そして、大興奮の瞬間について「思い出すことができないよ」と綴り、“笑い泣き”の絵文字3つともに投稿した。すると、ファンも大喜び。全身で喜びを表現したコレアを“称賛”する声が相次いだ。

「覚えていないだろうね…でも僕たち絶対に忘れないよ!!」

「野球界にはもっと君が必要だ」

「今夜は眠らないと思う。すごく興奮しているんだ。アメージングだった。素晴らしいゲームだよ」

「カルロス・コレアが大好きだ」

「リビングで俺もやったぞ!」

「君はベスト・カルロスだ。大好きだ!」

「君は本当にキュートだね、カルロス」

「あなたはやったのよ…あなたたちはしたの…私たち全員がしたわ!」

「君は最高だ!」

「君は僕のヒーロー」

 この試合では自身も7回に2ランを放つなど、5打数3安打3打点と活躍した4番打者。ポストシーズンでも打率.308、5本塁打、14打点、OPS(出塁率+長打率).963と躍動し、遊撃の守備でも好プレーを連発している若きチームリーダーが、初の世界一へ向けてアストロズを力強く牽引している。

人気記事ランキング