野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • その日限りの独特の雰囲気 流れる空気が異なるドラフト会場の表と裏

その日限りの独特の雰囲気 流れる空気が異なるドラフト会場の表と裏

ドラフト会場には独特の雰囲気が漂っていた。会場であるグランドプリンスホテル新高輪のロビーでは、多くの宿泊客や来場客がソワソワした様子を見せていた。関係者となった元プロ野球選手たちのサインを求めて待ち構えるファンの姿が、何かいつもとは違う雰囲気を作り出す。

ドラフト仕様のリポビタンD【写真:(C)PLM】
ドラフト仕様のリポビタンD【写真:(C)PLM】

一喜一憂するファン、指名によって仕事が大きく変わる関係者

 ドラフト会場には独特の雰囲気が漂っていた。

 会場であるグランドプリンスホテル新高輪のロビーでは、多くの宿泊客や来場客がソワソワした様子を見せていた。関係者となった元プロ野球選手たちのサインを求めて待ち構えるファンの姿が、何かいつもとは違う雰囲気を作り出す。

 実際のドラフト会場には限られた人たちしか足を運ぶことが許されない。応募した多くの観覧希望者の中から見事抽選で当選した人々のみが訪れることができる場だ。平日の夕方という開催時間からかユニホーム姿のファンは少なく、ドラフトの受付列とすぐには分からないほどであった。受付を終えた後に、“勝負着”に着替えるのか、荷物は心なしか大きく見える。

 受付を終えた観覧者には、DRAFT2017と明記された冠スポンサーのリポビタンD3本、クリアファイル、抽選箱の形をしたティッシュボックス、そして週刊ベースボールとタイアップで発行されたプログラムが記念品として提供された。

 取材に訪れたメディア関係者に混じって、ファンたちは階を上がっていく。そしてドラフト会場となるフロアに出ると、そこには12球団のフラッグがセ・パそれぞれに分かれてファンたちを出迎える。そのまま荷物検査を経て、すぐさま会場内に入ることができるが、その前にファンが向かうのは冠スポンサーのリポビタンDが展開する「リポビタンD ZONE」だ。

 入り口でサンプルのリポビタンDを1本飲むところから始まるこのエリア。冠スポンサーの権利を得たからには、その価値を最大限に活用してこそ意味がある。写真コーナーも多く設け、記憶にも記録にも残りやすいリポビタンDの仕掛けが多数存在した。長蛇の列の先には、「指名体験フォトコーナー」。パネルの前で好きな球団のユニホームを身にまとって、指名を受けることができる。MCがマイクで本番さながらに自分の名前をドラフト指名風に読み上げてくれる。

 その先には指名を受けた学生の気持ちになって、胴上げシーンを写真に収めることができるコーナーまでも用意されていた。学ラン姿に着替えることもでき、号外新聞のような写真にも加工できる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」