野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本S明暗分ける打線起用、徳俵で迎える第4戦、DeNA打順変更はあるのか

本拠地・横浜スタジアムに戻っても、DeNAは勝てなかった。10月31日の第3戦は2-3という最少得点差だったが、敗れたDeNAは0勝3敗となり、ソフトバンクに王手をかけられた。敗因はいろいろあるが、最大の問題は、打線が機能していないことだ。

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:編集部】
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:編集部】

DeNAはシーズン中の起用にこだわり、打線が機能せず

 本拠地・横浜スタジアムに戻っても、DeNAは勝てなかった。10月31日の第3戦は2-3という最少得点差だったが、敗れたDeNAは0勝3敗となり、ソフトバンクに王手をかけられた。敗因はいろいろあるが、最大の問題は、打線が機能していないことだ。

 3試合の両軍の打順別の打撃成績を見てみよう。

【DeNA】
1番 13打数0安打0本1打点0得点1四死球 打率.000
2番 11打数2安打1本1打点1得点2四死球 打率.082
3番 12打数2安打1本1打点2得点0四死球 打率.167
4番 8打数3安打0本0打点1得点2四死球 打率.375
5番 10打数2安打1本2打点1得点2四死球 打率.200
6番 8打数1安打0本0打点0得点2四死球 打率.125
7番 11打数2安打0本0打点0得点1四死球 打率.182
8番 12打数1安打0本0打点1得点0四死球 打率.083
9番 10打数5安打0本1打点0得点1四死球 打率0.500
通算 95打数18安打3本6打点6得点11四死球 打率.189

 ラミレス監督はシリーズ前に、「シリーズのキーマンは桑原、塁に出れば得点につながる」と言ったが、その「1番」桑原は、3試合で出塁は四球の1回だけ。全く機能していない。皮肉なことに、ラミレス監督の予言は逆の意味で当たってしまった。

 4番の筒香が当たっているし、本塁打もチームで3本出ている。桑原が出塁していれば、少なくとも1点差で負けた2試合は、どんな展開になっていたか分からなかった。

 対照的に、9番で固定された倉本は第3戦も3安打と大当たりだ。

 ラミレス監督は、CSではシーズンと異なる選手起用で勝利をものにしてきたが、日本シリーズではシーズンのままの打順にこだわって結果を出していない。少し手遅れの感があるが、桑原と倉本の入れ替えをすべきではないか。

人気記事ランキング