野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドジャース29年ぶり世界一ならず ダルビッシュ2回途中KO 重かった序盤5失点

ドジャースが1日(日本時間2日)、本拠地ドジャースタジアムで迎えたアストロズとのワールドシリーズ第7戦で1-5で敗れ、1988年以来となる頂点を逃した。3勝3敗で迎えた大一番で先発を任されたダルビッシュ有投手が2回途中5失点(自責4)と崩れると、打線もアストロズの継投の前に1得点のみに終わった。

スプリンガーに本塁打を許したドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
スプリンガーに本塁打を許したドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ダルビッシュは第3戦に続き2回途中KO、ドジャース打線も逆転ならず

 ドジャースが1日(日本時間2日)、本拠地ドジャースタジアムで迎えたアストロズとのワールドシリーズ第7戦で1-5で敗れ、1988年以来となる頂点を逃した。3勝3敗で迎えた大一番で先発を任されたダルビッシュ有投手が2回途中5失点(自責4)と崩れると、打線もアストロズの継投の前に1得点のみに終わった。

 第3戦で2回途中4失点と乱調に終わったダルビッシュにはリベンジがかかったマウンド。そしてチームのワールドシリーズ制覇にとっても絶対に負けられない一戦だった。しかし右腕は初回から崩れた。先頭スプリンガーに左翼線へ二塁打を許すと、続くブレグマンの平凡なゴロを捕球した一塁ベリンジャーが、一塁ベースカバーに入ったダルビッシュに悪送球。この間にスプリンガーが先制ホームを踏んだ。わずか4球で先制点を献上した右腕はなお無死二塁で、アルトゥーベの3球目でブレグマンに三盗され、一塁ゴロの間に2点目を失った。 

 2回も波に乗れず、マキャンに四球、ゴンザレスに右中間へ二塁打を許すと、1死二、三塁から相手先発マッカラーズの二ゴロの間に3失点目。さらに2死三塁でスプリンガーに2ランを被弾し、降板となった。 

 早々と継投を余儀なくされたドジャースはモローが後続を断つと、3回からはエース左腕カーショーが登板。4回を2安打無失点に抑える貫禄の投球で味方打線の援護を待った。 

 すると6回、それまで好機で凡退してきた打線がようやく反撃を見せる。アストロズ5番手モートンから先頭ピーダーソンが中前打を放つと、続くフォーサイスが四球で出塁。1死一、二塁となった場面で、代打イーシアがライト前にタイムリーを放ち、1点を返した。 

 その後、ドジャースは7回に守護神ジャンセン、8回からはウッドを投入。ダルビッシュ降板以降、無失点で踏ん張り、打線の奮起を待った。しかし、この日のドジャースにはホームが遠かった。7回に奪った1点のみに終わり、29年ぶりとなるワールドシリーズ制覇はならなかった。 

 レギュラーシーズンで圧倒的な強さを誇ったドジャースは今夏のトレードでダルビッシュを補強。ワールドシリーズ制覇の請負人として大きな期待を寄せられた。移籍直後は不振に陥ったこともあったが、その後復調するとプレーオフでも好投。しかし、右腕はワールドシリーズを迎えると一転、不安定な投球となってしまった。同シリーズでは2試合に先発したが、ともに2回途中でKO。計9失点で防御率21.60と悔いが残る内容となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング