野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ダルビッシュ攻略で世界一も、敵将は敬意「素晴らしい投手に変わりはない」

ダルビッシュ攻略で世界一も、敵将は敬意「素晴らしい投手に変わりはない」

アストロズは1日(日本時間2日)、敵地で行われたワールドシリーズ第7戦でドジャースに5-1で勝利し、球団史上初の世界一に輝いた。先発のダルビッシュ有投手を第3戦に続いてKO。A・J・ヒンチ監督は、日本人右腕攻略のカギを明かしながらも「彼が素晴らしいピッチャーであるという事実を変えるわけではない」と振り返っている。

アストロズのヒンチ監督【写真:Getty Images】
アストロズのヒンチ監督【写真:Getty Images】

第3戦に続いてKO「確かに今シリーズで2度、彼を打ち崩したけど」

 アストロズは1日(日本時間2日)、敵地で行われたワールドシリーズ第7戦でドジャースに5-1で勝利し、球団史上初の世界一に輝いた。先発のダルビッシュ有投手を第3戦に続いてKO。先頭スプリンガーが初回に二塁打、2回には2ランを放つなど、1回2/3で3安打5失点(自責4)での降板に追い込んだ。A・J・ヒンチ監督は、日本人右腕攻略のカギを明かしながらも「彼が素晴らしいピッチャーであるという事実を変えるわけではない」と振り返っている。

 初回は先頭スプリンガーの二塁打を皮切りに、相手エラーなども絡んで2得点。右飛に倒れたグリエルが、2球で追い込まれながらも、その後7球ファウルにするなど粘る場面もあった。さらに、2回は先頭マッキャンの四球、ゴンザレスの二塁打でチャンスを作ると、先発右腕マッカラーズJrのニゴロの間に追加点。そして、2度目の打席となったスプリンガーがフルカウントから直球を捉え、左中間スタンドに叩き込んだ。

 ダルビッシュはここでKO。かつて同じア・リーグ西地区のレンジャーズでエースだった右腕を2試合続けて2回途中でマウンドから引きずり下ろし、この5得点で勝ちきった。

 試合後、ヒンチ監督は「最高級のピッチャーと対戦するということは…確かに今シリーズで2度、彼を打ち崩したけど、だからと言ってそれは彼が素晴らしいピッチャーであるという事実を変えるわけではない」と回顧。さらに「彼がテキサス(レンジャーズ)でプレーしているときによく対戦していた。そして、彼は打ち崩すのが難しいピッチャーだ」と敬意を表している。

人気記事ランキング