野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

KO降板ダルビッシュから溢れる敗戦の責任「ドジャースみんなに迷惑かけた」

ドジャースのダルビッシュ有投手が1日(日本時間2日)、先発したワールドシリーズ第7戦で優勝を逃し、「最後のワールドシリーズで足を引っ張ってしまった」と悔しさをにじませた。

失意の登板となったドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
失意の登板となったドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

悔しさにじむ試合後会見「自分の引き出しが足りなかったのが全て」

 ドジャースのダルビッシュ有投手が1日(日本時間2日)、先発したワールドシリーズ第7戦で優勝を逃し、「最後のワールドシリーズで足を引っ張ってしまった」と悔しさをにじませた。この日、チームの命運を託されて上がった先発マウンドで、2回持たずに5失点でKO降板。第3戦も1回2/3を4失点で黒星を喫しており、チームに「本当に恩を最後までちゃんと返したかった。すごく残念です」と声を落とした。

 最後まで負けたくない??。WS初戦前に話していた思いを果たすことができなかったダルビッシュは、今季最後にして最大のマウンドでチームを勝利に導けず「自分の引き出しが足りなかったっていうのが全てだと思う」と敗戦の責任を負った。

 得意のスライダーが操れず、2回途中で降板に追いやられた第3戦の後、全力を尽くして修正に努めたが、「ストライクが投げるレベルにはもってこれたんですけど、打者を圧倒するレベルまで引き上げることができなかった」と振り返る。この日も思うようなスライダーが投げられず。初回先頭スプリンガーに左翼線二塁打を許した。

 2回には、そのスプリンガーにトドメの2点弾を献上。

「(カウント)3-2から(捕手)バーンズはスライダーをコールしたんですけど、今日のスライダーのクオリティーだと、やっぱり(初回と)同じことになると思って真っ直ぐを選んだ。今の自分の状態には、スプリンガーは難しかったと思う」

 ワールドシリーズ5本塁打を放ち、MVPに輝いたアストロズ斬り込み隊長に完敗宣言するしかなかった。

人気記事ランキング