野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA筒香が逆転2ランも…ソフトBが直後に再逆転、中村晃が勝ち越し2ラン

DeNAが主砲の一発で逆転するも、ソフトバンクがすぐに再逆転した。

ソフトBは先頭柳田がチャンスメークで同点ホーム

 DeNAが主砲の一発で逆転するも、ソフトバンクがすぐに再逆転した。

 2日、本拠地・横浜スタジアムで行われた日本シリーズ第5戦。1点ビハインドの4回、DeNAの4番筒香が試合をひっくり返す本塁打を放った。

 4回。ここまでパーフェクトピッチングを続けていたソフトバンク先発のバンデンハークを捉えた。桑原、柴田が連続三振を喫して2死となったが、ロペスが追い込まれながらも、この日チーム初安打となる右翼フェンス直撃の二塁打を放って出塁した。

 2死二塁となって打席に入った筒香。バンデンハークの真ん中付近へと入ってきた真っ直ぐを強振。横浜の夜空に舞った打球はファンの大歓声に押されて左中間スタンドへ。筒香の日本シリーズ初本塁打で崖っぷちに追い込まれているDeNAが逆転し、1点のリードを奪った。

 しかし、直後の5回にソフトバンクは先頭柳田が中前打で出塁。今宮の犠打で二塁に進むと、石田の暴投で柳田が好判断を見せ、三塁に進んだ。そして、デスパイネがセンターへ犠飛。すぐに同点に追いついた。

 さらに、内川がヒットで出塁し、続く中村晃がライトスタンド中段へ運ぶ勝ち越し2ラン。あっという間に2点のリードを奪い、DeNA先発の石田をKOした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング