野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA驚異の逆転、3連敗後に2連勝 筒香が4番の仕事、敵地で逆転日本一へ

DeNAが驚異の逆転勝利で、またしても崖っぷちで踏みとどまった。

崖っぷちで踏みとどまり連勝、山崎を8回2死で投入する執念の采配

 DeNAが驚異の逆転勝利で、またしても崖っぷちで踏みとどまった。2日、横浜スタジアムで行われた日本シリーズ第5戦。逆転に次ぐ逆転となった白熱の大激戦を制して連勝。3勝2敗とし、再び敵地・福岡へと乗り込むことになった。

 嫌な形で試合は始まった。先発の石田は、初回2死二塁で内川に右翼線への適時二塁打を許して、いきなり先制点を奪われた。この日本シリーズ、初回に先制点を奪われた1戦目から3戦目まで3連敗。4度目の初回先制を許し、重苦しいムードが漂った。

 これを振り払ったのが、4番のバットだった。4回。2死からロペスが、ここまで完全投球を続けていたソフトバンク先発のバンデンハークからチーム初安打となる二塁打を放って出塁。続く筒香が、右腕の真っ直ぐを捉えると、打球は左中間スタンドへと消えた。このシリーズ初アーチとなる2ランで、逆転に成功した。

 だが、6回に先発の石田が再びつかまった。先頭の柳田を中前安打で出すと、犠打、暴投で三塁へ進まれ、デスパイネの犠飛で同点。さらに内川に左前安打で繋がれ、中村晃に右翼席への逆転2ランを被弾。再び2点のリードを奪われた。

 この日のドラマはここからだった。ひっくり返された直後の攻撃。先頭の桑原が左前安打を放つと、ロペスが四球で続く。打席には4番の筒香。主砲は、ここでマウンドに上がったソフトバンク2番手・モイネロのチェンジアップを捉え、中堅フェンス直撃の適時二塁打。1点差とすると、宮崎が前進守備の二遊間を抜く中前適時打を放って同点に追いついた。さらに、代打・嶺井の二ゴロを二塁・明石がファンブルする失策を犯し、この間に三塁走者の筒香が勝ち越しのホームを踏んだ。

 再び1点差をつけた後は、リリーフ陣が決死のリレーでリードを守り抜いた。4番手・エスコバーは7回1死二塁のピンチを招いたが、デスパイネを二ゴロ。内川を敬遠して歩かせて勝負した中村晃を中飛に切って、窮地を脱した。

 8回はセットアッパーのパットンがマウンドに。ただ、右腕が2死一塁で代打・福田に四球を与え、柳田を迎えると、ラミレス監督は守護神・山崎康を投入。守護神がフルカウントからの6球目で柳田のバットに空を切らせて空振り三振。ラミレス監督の勝負手がズバリと決まって絶体絶命のピンチをしのぎ、9回も無失点に抑えて逃げ切った。

 薄氷を踏む思いで、なんとか2勝目をあげたDeNA。3連敗スタートという崖っぷちから、本拠地・横浜スタジアムで2連勝を飾り、第6戦に望みをつないだ。舞台は再び福岡の地へ。敵地で、奇跡の逆転での下克上日本一を目指す。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング