野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB連敗、4度目の初回先制点も初黒星 日本一決定は本拠地へ持ち越し

ソフトバンクは、本拠地ヤフオクドームで日本一へと仕切り直すことになった。

4日からは本拠地ヤフオクドームへ、明石失策で勝ち越し許す

 ソフトバンクは、本拠地ヤフオクドームで日本一へと仕切り直すことになった。2日、横浜スタジアムで行われた日本シリーズ第5戦。抜きつ抜かれつの大激戦の末に惜敗し、2連敗。前夜の第4戦に続き、日本一決定はお預けとなり、ホームで行われる4日の第6戦で、勝負を決めにかかる。

 らしいゲーム運びだった。初回。先頭の柳田は一ゴロに倒れたものの、今宮が左前安打で出塁し、2死から内川が右翼線への適時二塁打。3連勝を飾った初戦から3戦目までと同じように、初回に幸先良く先制点を奪い取った。

 先発のバンデンハークは4回につかまる。3回までパーフェクトピッチングを見せていたが、2死からロペスに初安打となる右翼フェンス直撃の二塁打。さらに、4番筒香にストレートを完璧にとらえられ、日本シリーズ初アーチとなる2ランを浴び、逆転を許した。

 だが、5回に底力を見せた。先頭の柳田が中前安打で出塁し、今宮の犠打と暴投で三塁に進み、デスパイネの中犠飛であっさりと同点に。さらに内川が左前安打で続くと、中村晃が石田が投じた内角高めの真っ直ぐをジャストミートし、右翼席に勝ち越しの2ランを放った。

 6回、再び試合をひっくり返された。バンデンハークが1死一、二塁のピンチを招き、2番手・モイネロが筒香に中堅フェンス直撃の適時二塁打を許して1点差。宮崎にも中前適時打が出て同点とされると、代打・嶺井の二ゴロを二塁・明石がファンブルする痛恨の失策で勝ち越された。

 8回に2死一、二塁のチャンスを作ったが、柳田がDeNA守護神の山崎康の前に空振り三振に倒れ、柳田はアクシデントがあったのか、この回で途中交代。9回も山崎康の前に得点を奪えずに、逆転負けを喫した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング