野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「臨機応変」采配で巻き返すDeNAラミレス監督、際立つ3捕手の起用法

日本シリーズ第5戦はシーソーゲームの末にDeNAがものにして通算勝敗を2勝3敗とした。ラミレス監督は大胆な采配でチームを勝利に導いた。ポストシーズンに入ってから目立つのが、3人の捕手の起用法だ。

DeNA・戸柱恭孝【写真:荒川祐史】
DeNA・戸柱恭孝【写真:荒川祐史】

ラミレス采配、際立つ3捕手の起用法

 日本シリーズ第5戦はシーソーゲームの末にDeNAがものにして通算勝敗を2勝3敗とした。ラミレス監督は大胆な采配でチームを勝利に導いた。ポストシーズンに入ってから目立つのが、3人の捕手の起用法だ。

 今季、DeNAは主に3人の捕手を起用した。以下はシーズンの打撃成績。

戸柱恭孝 112試合336打数72安9本52点 打率.214 得点圏打率.316
嶺井博希 52試合121打数30安3本12点 打率.248 得点圏打率.206
高城俊人 29試合56打数14安0本4点 打率.250 得点圏打率.231

 戸柱は打率こそ低いが、打点は12球団の捕手で最多の52打点。特に春先にタイムリーを連発、また9月には月間打率3割をマークした。左打者でもあり、5番を打つことがあった。この点で他の2捕手に比べてアドバンテージがあった。打線に穴が開くことを嫌うラミレス監督は戸柱を高く評価したのだ。しかし捕手としての成績を見れば、評価は変わる。

 3捕手が先発マスクをかぶったときの先発投手の投手成績。

戸柱恭孝 90試合29勝34敗521回 防御率4.09
嶺井博希 34試合17勝7敗200回 防御率3.11
高城俊人 19試合9勝5敗107.2回 防御率3.34

 先発投手の出来不出来に影響される数字ではあるが、戸柱と嶺井では防御率に1点近い差がある。少なくともリード面では戸柱は嶺井よりも優れていたとは言えない。投手陣の信頼も嶺井の方があったのではないかと思われる。

 ラミレス監督は、捕手としての能力には多少目をつぶって、戸柱を優先的に起用したと言えるだろう。なお、高城は濱口遥大が先発のときにだけ先発マスクをかぶっている。その相性の良さを評価したのだ。

人気記事ランキング