野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

NY紙はダルビッシュをFAで4位と評価「エースの給料が欲しいだろうが…」

メジャーリーグのストーブリーグがいよいよ本格的に始まった。今オフは、ドジャースのダルビッシュ有投手が契約満了となり、ヤンキースの田中将大投手は残り3年の契約を破棄してフリーエージェント(FA)となれる「オプトアウト」の権利を保持、そして日本ハムの大谷翔平投手もポスティングシステム(入札制度)を利用してのメジャー挑戦に踏み切る可能性があるため、米国内でも例年以上に日本人選手への注目度が高まっている。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

NY地元紙がFA選手を格付け、ダルビッシュの「WSでの2度のひどい先発登板」にも言及

 メジャーリーグのストーブリーグがいよいよ本格的に始まった。今オフは、ドジャースのダルビッシュ有投手が契約満了となり、ヤンキースの田中将大投手は残り3年の契約を破棄してフリーエージェント(FA)となれる「オプトアウト」の権利を保持、そして日本ハムの大谷翔平投手もポスティングシステム(入札制度)を利用してのメジャー挑戦に踏み切る可能性があるため、米国内でも例年以上に日本人選手への注目度が高まっている。

 米最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」では、ダルビッシュをFA選手ランクで1位と評価し、6年総額1億6000ドル(約182億3000万円)でカブスに移籍すると予想。また、田中が契約破棄に踏み切った場合には、フィリーズと5年総額1億ドル(約114億円)で契約するとした。ただ、ニューヨークメディアの見方はやや違うようだ。地元紙「デイリー・ニューズ」も「MLBフリーエージェントTOP20予想」を掲載しているが、ダルビッシュは4位という評価で、大谷についてはヤンキースと契約すると分析している。

「MLBトレードルーマーズ」ではFAランク2位とされているJ・D・マルティネス外野手を1位、同3位のエリック・ホズマー内野手を2位、同4位のジェイク・アリエッタ投手を3位と評価した「デイリー・ニューズ」。あらゆるメディアでFA市場NO1の評価を受けてきたダルビッシュを4位とした理由は、度重なる負傷離脱、そしてワールドシリーズでの2度のKO劇ににあるようだ。

「彼は、エースとしての給料が欲しいだろうが、背中の違和感での欠場や、ワールドシリーズにおける2度のひどい先発登板を含む浮き沈みの激しいシーズンを送ったために、かなりのリスクが伴うだろう」

人気記事ランキング