野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

交流戦だけでなく、日本Sも近年はパが優勢 DeNAは逆転制覇なるか

あと2試合で、長かった2017年のプロ野球が閉幕する。68回目を迎える日本シリーズは、どちらのチーム、リーグの勝利に終わるだろうか。

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

過去の優勝回数と勝利数は巨人が圧倒、全体でもセが勝ち越しているが…

 あと2試合で、長かった2017年のプロ野球が閉幕する。68回目を迎える日本シリーズは、どちらのチーム、リーグの勝利に終わるだろうか。

 68回の日本シリーズの勝敗をチーム、リーグ別に集計すると以下のようになる。2017年の第5戦までの結果を含む。

【セ・リーグ】
◯巨人
出場34回優勝22回、198試合109勝87敗2分、勝率.556

◯ヤクルト
出場7回優勝5回、41試合24勝17敗0分、勝率.585

◯中日
出場10回優勝2回、60試合23勝36敗1分、勝率.390

◯広島
出場7回優勝3回、48試合20勝25敗3分、勝率.444

◯阪神
出場6回優勝1回、36試合13勝22敗1分、勝率.361

◯DeNA(大洋・横浜)
出場3回優勝2回、15試合10勝5敗0分、勝率.667

◯松竹(消滅)
出場1回優勝0回、6試合2勝4敗0分、勝率.333

◯西日本(消滅)
出場なし

計 出場68回優勝35回、404試合201勝196敗7分、勝率.506

【パ・リーグ】

◯西武(西鉄)
出場21回優勝13回、130試合68勝60敗2分、勝率.531

◯ソフトバンク(南海・ダイエー)
出場17回優勝7回、98試合47勝50敗1分、勝率.485

◯オリックス(阪急)
出場12回優勝4回、70試合31勝37敗2分、勝率.456

◯日本ハム(東映)
出場7回優勝3回、41試合19勝21敗1分、勝率.475

◯ロッテ(毎日・大毎)
出場6回優勝4回、32試合17勝14敗1分、勝率.548

◯近鉄(消滅)
出場4回優勝0回、26試合10勝16敗0分、勝率.385

◯楽天
出場1回優勝1回、7試合4勝3敗0分、勝率.571

◯大映(消滅)
出場なし

◯高橋(トンボ・消滅)
出場なし

計 出場68回優勝32回、404試合196勝201敗7分、勝率.494

 セ・リーグが通算で201勝196敗と勝ち越している。両リーグ通じての最多優勝、最多勝は巨人。V9を含む22回の優勝、109勝と圧倒的だ。
 しかし勝率で見れば、12球団で最も高いのはDeNA(大洋・横浜)だ。出場回数は今年も含め3回だが、過去の2回はともに優勝し、勝率は.667、11月4日の第6戦で負けても勝率1位は変わらない。パ・リーグは西武(西鉄)、ソフトバンク (南海・ダイエー)、オリックス (阪急)が上位。3球団ともに黄金期があった。

人気記事ランキング