野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「ヒーローは僕じゃない」 サヨナラ打の鷹・川島、歓喜の瞬間に思ったこと

日本一の座を射止めた。4日、本拠地ヤフオクドームで行われた日本シリーズ第6戦。延長11回の激闘の末に、サヨナラ勝ちというドラマチックな結末でソフトバンクに2年ぶりの日本一をもたらしたのは、川島慶三のバットだった。

ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】

「三振三振三振とやられていたので」、ホークス川島が意地の一打

 日本一の座を射止めた。4日、本拠地ヤフオクドームで行われた日本シリーズ第6戦。延長11回の激闘の末に、サヨナラ勝ちというドラマチックな結末でソフトバンクに2年ぶりの日本一をもたらしたのは、川島慶三のバットだった。

 守護神・サファテの決死の3イニングにも及ぶロングリリーフにより、同点で迎えた延長11回の攻撃。劇的な決着が待ち受けていた。

 1死から内川、中村晃がエスコバーから連続四球を選び、一、二塁。続く松田は、三上に対して三塁正面のゴロで危うく併殺になるところだったが、三塁ベースを踏んで一塁へ送球した宮崎のボールがわずかに逸れて、命拾いした。そして、川島に打席が回ってきた。

「反対方向に撃てば、バットに当たるかな、と。ポイントを前にし過ぎると、三振三振三振とやられていたので、バットに当てて事を起こせば、と」

 ここまでの4打席は空振り三振、空振り三振、右飛、空振り三振だった。運命の5打席目。2ボール2ストライクからの5球目。三上のストレートに食らいついた打球は、一、二塁間を抜けた。

人気記事ランキング