野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最後は救援投手の差、熱戦が続いた日本シリーズをデータで読み解く

DeNAの「史上最大の下克上」はならなかった。プロ野球の日本一はソフトバンク・ホークス。4勝2敗ではあったが、6試合のうち1点差ゲームが4試合。好勝負が相次いだ。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

好勝負が相次いだ日本シリーズをデータで読み解く

 DeNAの「史上最大の下克上」はならなかった。プロ野球の日本一はソフトバンク・ホークス。4勝2敗ではあったが、6試合のうち1点差ゲームが4試合。好勝負が相次いだ。

 両軍選手の成績を、投打別に見ていこう。以下は主要選手の打撃成績。※カッコ内はシーズン中の安打数。

〇ソフトバンク打撃陣

柳田悠岐 6試25打数8安0本4点2盗 打率.320(139)
内川聖一 6試22打数7安1本3点0盗 打率.318(79)
デスパイネ 6試23打数5安0本4点0盗 打率.217(125)
今宮健太 6試21打数4安0本2点3盗 打率.190(139)
松田宣浩 6試23打数4安1本1点0盗 打率.174(140)
川島慶三 6試13打数3安0本2点0盗 打率.231(29)
明石健志 5試12打数3安0本0点1盗 打率.250(81)
中村晃 6試19打数2安1本4点0盗 打率.105(138)
長谷川勇也 4試7打数2安1本2点0盗 打率.286(8)
高谷裕亮 6試8打数2安0本2点0盗 打率.250(36)
甲斐也 4試4打数1安0本1点0盗 打率.250(48)
上林誠知 1試1打数0安0本0点0盗 打率.000(108)
川崎宗則 出場せず(26)

計 6試192打数42安打4本25点6盗 打率.219

 シーズン中戦線離脱し、ポストシーズン出場が危ぶまれた柳田と内川の主軸2人が、大活躍した。この2人が日本シリーズに間に合ったことが打線では最大のポイントだろう。

 また、工藤監督はシーズン中の成績にこだわらず、好調な選手を抜擢した。シリーズ優勝の安打を打ったのは、シーズン中29安打の川島だった。またシーズン中8安打の長谷川も本塁打を打っている。

 対照的に、今季初めて規定打席に達し108安打を打った上林は1打席に立っただけ。柳田、内川の復帰も影響したが、シリーズの蚊帳の外に置かれた。優勝の歓喜の中、上林は危機感を覚えていることだろう。

人気記事ランキング