野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

地元紙が“進言”、マリナーズはダルビッシュを「何があっても獲得すべし」

契約満了でドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手について、マリナーズが獲得に動きべきだと地元メディアが“進言”している。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

FA市場の先発投手ではトップ評価も…ワールドシリーズのKO劇で年俸は下落すると予想

 契約満了でドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手について、マリナーズが獲得に動きべきだと地元メディアが“進言”している。

 ダルビッシュは今オフのFA市場の先発投手でトップクラスの評価を受けており、メガディールを手にする可能性が浮上している。獲得できる球団は限られてくるが、地元紙「ニュース・トリビューン」は、ワールドシリーズ(WS)の日本人のパフォーマンスがマリナーズの補強戦略に影響を与える可能性があると分析している。

「ダルビッシュは第3戦に先発し、3回まで持たず。第7戦も改善できなかった。アストロズが初回に2点、2回に3点と急襲したあと、今季球界で最も楽しみにされていた夜は拍子抜けの不発に終わった」

 このように、同紙はダルビッシュのWSでの不振を厳しく指摘。そして、「彼彼は依然として大金を得られるだろう。しかし、メジャー究極の舞台で2つの自身最短降板試合を記録したことで、彼の値段はマリナーズにとっても受け入れやすい金額になる可能性がある」とし、日本人右腕の新たな契約の年俸総額が下落するシナリオを伝えている。

 マリナーズでは今季、岩隈久志投手が右肩の不調で長期離脱した影響でわずか6試合の登板に終わった。エースのフェリックス・ヘルナンデス投手も16試合の登板にとどまり、5勝6敗、防御率4.36と不振。来季へ向けて、先発投手の補強が急務とされている。

人気記事ランキング