野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス戦力外→育成契約へ…甲子園V左腕・島袋が明かす「あと1年」の覚悟

かつての甲子園春夏連覇を果たした左腕も、非情通告を受けた1人だ。ソフトバンクの島袋洋奨投手。2014年のドラフト5位で中央大からソフトバンクに入団した左腕は戦力外通告を受け、5日には球団から正式に来季の契約を結ばないことを通告したと発表された。

ソフトバンクから戦力外通告を受けた島袋洋奨【写真:福谷佑介】
ソフトバンクから戦力外通告を受けた島袋洋奨【写真:福谷佑介】

春夏連覇の甲子園V左腕に非情通告、その胸中は

 かつての甲子園春夏連覇を果たした左腕も、非情通告を受けた1人だ。ソフトバンクの島袋洋奨投手。2014年のドラフト5位で中央大からソフトバンクに入団した左腕は戦力外通告を受け、5日には球団から正式に来季の契約を結ばないことを通告したと発表された。

 2010年に沖縄・興南高のエースとしてセンバツV、そして沖縄県勢初となる夏の選手権で優勝。史上6校目となる春夏連覇を果たし“琉球トルネード”として世間を沸かせた島袋。このときは、プロ志望届は提出せずに中央大学に進学した。

 中央大入学後すぐは、いきなりベンチメンバーに入り、リーグ戦でも登板。だが、2年時に左肘を故障した後は状態を崩し、大不振に陥った。それでも、ソフトバンクにドラフト5位指名を受け、プロの世界に飛び込んだ。

 プロ1年目の2015年、9月25日のロッテ戦(QVC)で1軍初登板を果たし、今季からチームメートとなったアルフレド・デスパイネから初の三振を奪っている。ただ、1軍での登板は1年目の2試合だけ。昨季、1軍昇格はなかった。

 3年目の今季は春のキャンプから主力組主体のA組に組み入れられ、期待を寄せられていたものの、1軍の切符は掴めず。ウエスタンリーグでも27試合に投げて1勝1敗、防御率4.63という成績だった。左肘に違和感を抱えており、8月29日に肘の遊離軟骨除去の手術を受けて、復帰まで3~4か月の見込みと診断されている。

人気記事ランキング