野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャーで日本人野手絶滅危機!? イチロー、青木がFAで来季ゼロの可能性

メジャーで日本人野手絶滅危機!? イチロー、青木がFAで来季ゼロの可能性

青木宣親に続いて、イチローもFAになった。2人の去就が気になるところだが、もう1つ「日本人MLB野手」の系譜がどうなるかも気になるところだ。

マーリンズからFAとなったイチロー【写真:Getty Images】
マーリンズからFAとなったイチロー【写真:Getty Images】

日本人野手メジャー第1号は、2001年のイチロー

 青木宣親に続いて、イチローもFAになった。2人の去就が気になるところだが、もう1つ「日本人MLB野手」の系譜がどうなるかも気になるところだ。

 NPB出身の日本人メジャーリーガー第1号は、1964年の村上雅則だ。南海ホークスから野球留学でマイナーでプレー。その投球を評価され、メジャー昇格を果たした。

 そこから時間が空いて、1995年の野茂英雄が2人目となり、野茂の大活躍で、NPBから多くの選手がMLBに移籍するようになった。しかし、それはすべて投手だった。

 NPB野手のMLB移籍第1号は2001年のイチロー。オリックス・ブルーウェーブからシアトル・マリナーズにポスティング制度を利用して移籍した。阪神タイガースの新庄剛志がFAでニューヨーク・メッツに移籍したのも同年だった。

 移籍当時28歳のイチローは、いきなり首位打者、最多安打(新人の安打記録更新)、盗塁王、新人王、そしてMVPまで獲得。全米を驚かせた。イチローの活躍以降、日本人NPB野手も続々とMLBに移籍した。

 その系譜を見ていこう。

○2001年 2人
イチロー、新庄剛志
2002年 3人
イチロー、新庄剛志、田口壮
2003年 4人
イチロー、新庄剛志、田口壮、松井秀喜
2004年 4人
イチロー、松井稼頭央、田口壮、松井秀喜
2005年 6人
イチロー、松井稼頭央、田口壮、松井秀喜、井口資仁、中村紀洋
2006年 6人
イチロー、松井稼頭央、田口壮、松井秀喜、井口資仁、城島健司
2007年 7人
イチロー、松井稼頭央、田口壮、松井秀喜、井口資仁、城島健司、岩村明憲
2008年 8人
イチロー、松井稼頭央、田口壮、松井秀喜、井口資仁、城島健司、岩村明憲、福留孝介
2009年 7人
イチロー、松井稼頭央、田口壮、松井秀喜、城島健司、岩村明憲、福留孝介
2010年 5人
イチロー、松井稼頭央、松井秀喜、岩村明憲、福留孝介
2011年 4人
イチロー、西岡剛、松井秀喜、福留孝介
2012年 6人
イチロー、西岡剛、川崎宗則、松井秀喜、青木宣親、福留孝介
2013年 4人
イチロー、田中賢介、川崎宗則、青木宣親
2014年 3人
イチロー、川崎宗則、青木宣親
2015年 3人
イチロー、川崎宗則、青木宣親
2016年 3人
イチロー、川崎宗則、青木宣親
2017年 2人
イチロー、青木宣親

人気記事ランキング